9~10kgの縦型洗濯機は日立にするかパナソニックにするか。

9~10kgの縦型洗濯機は日立にするかパナソニックにするか。

家のオールドな洗濯機、BW-8HV:日立から異音がし始めてからしばらく経ちます。
2007年発売だから、その年に買っていなくてももうすぐ満15年というところ。

今後の設備入れ替えピークを穏やかにするため、症状の出ている洗濯機から買い換える事にしました。

前提として、我が家は洗濯が2,3日に1回という低頻度。
そして乾燥機は好まず、吊るして干すのを良しとしています。
自動で干して畳んでくれる洗濯機ができたらその時はローン組んででも買おう。

腰第一

どこの家電量販店も店頭ではドラム式が激推し。

でもドラム式ムリです。腰痛いので。
洗濯物を取る時の姿勢は、最もとりたくない姿勢だよ!

という理由から洗濯機選びの重要ポイントは「縦型で洗い物が取り出しやすい事」。
できる限り洗濯槽は手前にきていて欲しいし、間口は広く、パルセーターまで手が届きやすいものが理想です。

価格.comの洗濯機ランキングをみると日立とパナソニックの争いという様子。
その2大メーカーの9~10kg乾燥機無しモデルを調査しました。

パナソニック

FAで始まりH9で終わるのが現行の縦型乾燥なしモデル。

NA-FA100H9

インバーター全自動洗濯機 NA-FA100H9 | 商品一覧 | 洗濯機・衣類乾燥機 | Panasonic

価格.com – パナソニック NA-FA100H9 価格比較

NA-FA90H9

インバーター全自動洗濯機 NA-FA90H9 | 商品一覧 | 洗濯機・衣類乾燥機 | Panasonic

価格.com – パナソニック NA-FA90H9 価格比較

機能もだけど形状・デザインが良さそう。で、それをちゃんとアピールしています。

糸くずフィルタへのゴミの張り付き&カビ繁殖は今の洗濯機の不満の一つ。
時間をかけて丁寧に取らなくてはならないので、そこが解決されてるかはとても気になります。

そして9kgモデルだけホワイトの他、”-C(ストーンベージュ)”という全体がベージュ色のモデルが選べます。
10kgはホワイトか、天板だけゴールドのシャンパンの2色展開。

レビュー&クチコミ抜粋(ソース略)

  • 朝方脱水時の音と振動が地震かと思うくらいひどいため、毎朝起こされるレベル。(同じ環境では)東芝製は、脱水時含めて騒音が全くと言っていいほど感じられなかった。
    良い点としては、毛布の出し入れがしやすい大きなドラムの入り口と、タッチパネルが奥にあるので洗濯ものまでの距離が近く出し入れがしやすいこと、糸くずキャッチのフィルターがとてもお掃除しやすくて好感が持てます。
  • 前の洗濯機の最後が爆音過ぎたんでかなり静か。
  • 2007年製の日立ビートウォッシュ8キロからの買い替え。 使いはじめて2週間ほどですが、とても満足しています。 糸くずがよくとれ、しっかり洗えているように思います。
  • 肝心な音ですが、最初の頃は前がうるさかってので静かに感じてましたが、慣れてくると特別静かではないと感じています。
  • 使い始めたばかりですが運転音がとても静かです。モーター音はほとんど聞こえず水流の音だけ聞こえます。フィルターも大きく掃除しやすく良いと思います。

動作音に関しては玉石混交という感じ。最初のはどうかと想いますが。
総じて静音性に評価があったビートウォッシュとの違いといえます。
糸くずフィルターは高評価。その他部分も自分が気にしている点がいい評価につながっているようです。

日立

現行型はBW~Gという型番。

BW-X100G

全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-X100G : 洗濯機・衣類乾燥機 : 日立の家電品

価格.com – 日立 ビートウォッシュ BW-X100G 価格比較

BW-X90G

全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-X90G : 洗濯機・衣類乾燥機 : 日立の家電品

価格.com – 日立 ビートウォッシュ BW-X90G 価格比較

この乾燥ナシ&8~10kgのモデルで洗剤自動投入があるのは日立だけな気がします。

洗剤自動投入は使ってみたい、あったらいい、とは思う。
でも結局洗濯前の準備は色々あるし、そこだけを自動化してもね?というのが未経験者の想いです。
洗剤を入れるのが唯一の作業だったら大きな機能だとは思うけれど。

そこをどう評価するかが日立の洗濯機の全てに思えます。
その他の目玉機能としてはつけ置き洗いがあるけれど、これも人によりそう。

カラーは9kgが天板のみ色違いのシャンパン。10kgがオールホワイトのみ。

レビュー&クチコミ抜粋(ソース略)

  • 液体洗剤・柔軟剤の自動投入が楽で気に入りました。操作パネルも分かりやすいです。ただ、奥に出っ張りがあるのが残念。
  • 洗剤の自動投入機能がとっても便利です!ゴミくずも取りやすく、扱いやすいです。
  • 斜めの上部に物が置けないのが残念です。
  • 9年使った白い約束と比較して格段に静かになりました。水の音が少しするくらいです。
  • 洗濯中の音ですが、本当静かで集合住宅なのですが、夜にも洗濯しても大丈夫そうなぐらい静かです。
  • 自動洗剤投入ちょー便利。 遅い時間に洗濯しても静かで問題なし
  • 1番良かったのは、ドラマの内側にある2箇所のクズ取りがバージョンアップしているところ。簡単に取り外しができて、クズが取り出しやすい。
  • 液体洗剤の自動投入は、前の洗濯機にもあったので必須でしたが、補充や手入れが格段に簡単で、ゴミフィルターの手入れも簡単です。しかも確実に取れる量が増えてます。

ネガなコメントがほとんど見つからないのが印象的。
特に自動投入は多くの人が高評価。また静音性についても皆一様に静かだと書いています。
数少ない問題点は自動投入部分の背面出っ張りがかなり大きく、そのために工夫や他の家具を調節する必要があったとのこと。

気持ちはパナソニック

調べていくほど「洗濯機に要求するものは人それぞれ」と思います。
毎日1日中洗濯機が回り続けるでもなく、しつこい汚れものが出るでも無い我が家は基本機能を重視します。

2社は同じサイズなら価格もほぼ一緒。
その中で日立は洗剤自動投入があるけれど、パナソニックには目玉機能はなし。
その分、水温センサーによるエコナビがあったり、使いやすい形状を重視していたりと魅力もあります。

レビュー読んだら静音性に不安はあるけれど、今の所パナソニックかなぁ。
天板だけじゃないオールカラーモデルが選べるのはパナソニックだけ。

コメントを残す

Previous post スピーディーに開通したauひかりの性能とキャッシュバック総額。
Next post PICe3.0 x4で動く10GbE NIC”Mellanox ConnectX-3″に交換したのでベンチマーク