どう考えても地雷ガジェットぽいけど前から欲しかったAndroid8.1搭載ルームミラー

どう考えても地雷ガジェットぽいけど前から欲しかったAndroid8.1搭載ルームミラー

この前Android TVを調べてきましたが、今回は違います。
”Android Mirror”です。

Android搭載ルーム(バック)ミラー。

RX-8につけているルームミラー型ドライブレコーダが謎のリブートを繰り返すようになりまして。
数年前から存在だけは知っていたAndroid搭載ミラーを本気で考える様になったんです。
どうみても地雷。

OBEPEAK D91 12″ Car DVR Rearview Mirror

おなじみAliexpressにはこの手の製品が山程出ています。

ただしAndroid 8.1というのはどれも一緒。
ルームミラー用途に誰かがカスタムしたイメージが古い8.1止まりなのかもしれません。
あとは多言語対応とか、カメラの性能、4Gの有無などにより各社差別化しています。

自分は一番大きい12インチの製品を4つに絞り、そこからかなり悩みました。
どれが一番痛くない地雷か。

OBEPEAK D91 12″ Car DVR Rearview Mirror 4G Android 8.1 Dash Cam GPS Navigation ADAS Full HD 1080P Car Video Camera Recorder DVRS

最終的に選んだのは”OBDPEAK D90-6M BC”というモデル。
6Mケーブルのバックカメラ、24時間電源用のパーツ付き、MicroSDカード別売り。

16,153円で送料無料。

まさに機能バブルといったコイツのスペックを記す。

  • ハードスペック
    • Android 8.1搭載
    • 12インチIPSディスプレイ+タッチスクリーン
    • 4GB RAM + 32GB ROM
    • Quad-Core SoC(Cortex-A53@1.4GHz + Mali820@680MHz)
    •  170°フロントカメラ:1920×1080 140°リアカメラ:AHD(1280×720)
    • 4G/LTE:FDD,2100(B1)/1800(B3)+3G+2G,Wifi(2.4G),Bluetooth
    • FMラジオトランスミッター(87.5MHz~108MHz)
    • 外付けGPSアンテナ,加速センサー
    • 使用温度範囲-50℃~+80℃
  • ソフトスペック
    • Wi-Fiスポット
    • 前後ドライブレコーダ
    • 24時間監視録画
    • カメラリアミラー表示(リアカメラの映像をバックミラーとして使用)
    • GoogleMapカーナビ
    • ミュージックプレーヤ
    • ビデオプレーヤ
    • ハンズフリー通話(スピーカー&マイク)
    • ファイルマネージャ
    • オンラインカーモニタ(位置情報、映像)
    • Youtube

こんなに盛って大丈夫か?
これだけの機能がリアルタイムでスムーズに動くとは到底思えない・・・

1/13にオーダーし、1/31に到着しました。
恒例の箱潰れチェックをしましょう。

上から潰されて側面が開きかけているものの、厚紙が効いているのか中身は無事でした。
薄いビニール一枚に包まれ、緩衝材のようなものはなし。

内容物一覧。

左上からカメラ映像ケーブル、24時間電源ケーブル、固定バンド、GPSアンテナ、マニュアル、リアカメラ。
ミラー本体裏にはスピーカーとフロントカメラ。上端には電源(MiniUSB)、カメラ入力(TRRSプラグ)、GPSアンテナ端子(U.FLプラグ)、TF Card(MicroSD Card)Slot, SIM Slotがあります。

なお、「USB充電器で使うな。壊れるぞ」としつこく書いてあります。
試したところMiniUSBにもかかわらず5V3Aを要求したところで起動中にシャットダウンしました。
通常のUSB想定電流では動かないから車につなげよ?という事らしい。

取り付け

氷点下の中、既存のミラーDVR&カメラの取り外しとAndroidミラーの取り付けを行いました。

電源配線

電源ゲーブルの先は常時電源:黄とACC電源:赤とアース:黒の3本。

幸運にもミニ平型ヒューズ形状になっています。RX-8と一緒。
これを素直に挿していいか(ヒューズ機能があるのか?)は疑問ではありましたが「青だからきっと15A」と信じることにします。
RX-8取扱書 [Fソ_2版]_(50602)を参照しながら、ヒューズボックス内の1番CIGAR(15A)をACC電源:赤と入れ替え。
14番ROOM(15A)を常時電源:黄と入れ替えました。

フロント側配線

ウェザーストリップを外し、グローブボックスのストッパーを外して180°開ける状態にします。
さらにAピラーのカバーを引っ張って一段回外します。
そこにGPSアンテナ線、リアカメラケーブル、電源ケーブルを通します。

余剰ケーブルはグローブボックスの裏にタイラップでまとめました。

リアカメラ配線

リアカメラは室内側のリアウィンドウ最上部に両面テープで固定する事にしました。

ガラスの傾斜がきつく、スモークが入っているクーペ車にはあまり向かない搭載場所です。
それでも外部となるとナンバープレート周りしか無く、既存DVRでは撮影点が低くなりすぎたため。

ウェザーストリップを外し、Cピラーの隙間からカメラケーブルを通してリアシート横へ落とします。

バック信号の分岐

カメラケーブルは助手席足元へ。
同じくカメラから伸びる赤いラインは「バック(パーキング)ランプ」に繋ぎます。
なくても動くけれど、バックに入れた時に背面全画面にするには必要。

バックランプの根元で確認すると、コードの色は赤地に黄色の1本ライン。
それをサイドシルに沿って這わされたハーネスの束で調べると・・・2本あった。

調べようがないので実際にエレクトロタップをつけてテスターで図りました。
カメラの赤ラインは長さが足りないので延長もしています。

期待と不安の電源ON

グローブボックスに仮置してエンジンをON。

車の電源ならOSが最後まで起動しました!
商品ページと違って液晶画面の境界はフレームのだいぶ内側。

まあわかってた。中華の悪いクセだから。JAROないし。

この画面レイアウトがAndroid Mirrorのホーム画面。
左に1/4音楽、中央1/2にメニューやコンテンツ、右1/4にDVRの映像が出ます。
タッチパネルの反応は良好。操作自体にストレスはありません。

しかしデフォが韓国語。中国語より読めない。
Google翻訳のカメラを向け、どうにか日本語に切り替えました。

それにしても車内が冷蔵庫より寒い!!

使用感レポート

どうにか使えるところまできたので、使用感をレポートします。

通信環境

自宅のWi-Fi 2.4Gを拾うため、自宅駐車中の外部アクセスは問題ありません。
楽天モバイルも挿すだけで電波を掴みました。SIM Slotがピンセットで押し込まないとならないくらい深いけど。
Band3しか噛み合ってないため、郊外ではテザリング必須でしょう。

古いマツダ車のカーオーディオだってBluetooth対応にしちゃう格安アダプター

Bluetoothも利用でき、RX-8につけたAudioアダプタとペアリングできました。
GPSもちゃんと測位できています。

カーナビは工夫次第

”ルームミラーにカーナビが表示できる”という、この製品の存在意義とも言える部分。

中身はGoogleMapそのものです。
当初はフリーズはするわ画面は見づらいわで「こりゃ使い物にならないな」と思いました。

ただオフライン地図をダウンロード(保存先をSDカードにしておく)することでもっさり感は幾分改善。
画面の見づらさもドライブモードなら大分見やすくすることができました。

音声ガイドも動くので普通にナビとしては使えます。

ルームミラーとして使えるか

使えます。2つの意味で。

まず普通にミラーコートになっているので、画面を消している間はミラーとして使えます。
というより夜や雨ではリアカメラが役立たずだし、眩しい朝とかは液晶が見えません。
よって本来のミラーとして使うしかない。

晴れた日かつ社内が眩しくない時間なら、リアカメラが使えます。
RX-8の後方視界は元々かなり悪いので、リアカメラの広角映像をリアルタイムに映すと、
より明確に後方を視認できます。

スモークガラス越しなので仕方ない部分はあるけれど、今度キイロビンで油膜とってみよう。

ドラレコ機能

前も後ろも24時間記録されます。
フロント側なら夜の録画も問題ありません。

録画はなぜかTS形式で記録されます。
サイズが大きいけれど、ちゃんとFullHDで記録されていました。

MicroSDカードの寿命が心配。

音楽再生

内蔵のしょぼいスピーカーの他、Bluetoothを使って音楽が聞けます。
しかし、間抜けな事にBT接続中にもかかわらず内蔵のスピーカーからも音が出てしまいます。
どうして・・・。

FMってラジオになるのかと思ったらFMトランスミッター機能でした。

国際バンド(87.5〜108.0MHz)だけど87.5~90MHzは日本でもチューニング可能。
そこに合わせ「オープン」に設定すると、カーラジオがAndroid Mirrorのスピーカーになります。
BTが意味不明なので、これで聞くしか無い。

その他アプリ

中身Androidらしく、SDカードの中身を除くファイルマネージャやYoutubeまであります。
Youtubeはかなりのもっさり感だけどどうにかログインしてPVを観るまでできました。

またCarKeeprなるアプリを使い、ミラーにスマホからアクセスできます。
録画した映像を確認できました。超もっさり。
さらにSIMを使って24時間車の位置を確認・・・できるらしいですがなぜかオフライン。
まあ下手に繋がるよりいいかなと。

圧倒的まあこんなものかな感

なあこんな感じで「それぞれが今ひとつ残念」という製品です。
それでも思ったよりは動くな、とも思いました。

トヨタの新車に今ならあたりまえの様についてくる各機能。
これを16,000円でどこまでカバーできるか、みたいな野心あふれる(?)デバイスです。

面白いから許す!!

コメントを残す

Previous post 今日のコストコTV売場(2022年2月版)(2/2)
Next post スピーディーに開通したauひかりの性能とキャッシュバック総額。