衝動的に遊舎工房でキースイッチを買ったのでErgoDox EZのスイッチ交換をしました。

衝動的に遊舎工房でキースイッチを買ったのでErgoDox EZのスイッチ交換をしました。

秋葉原のキーボードの聖地(?)「遊舎工房」で衝動的にキースイッチを買ってきました。
これで買って3年になるErgodox EZをリフレッシュさせようと思います。

なんでも自分で選べる変態キーボード「Ergodox EZ」をポチりました

Gateron Caps V2 Switch Gold Yellow

なんの前知識も下調べもなし。
店頭のデモ機(多数の自作キーボードがならべてあって、みな様々なスイッチを使っている)を触りまくって、タッチが良かったコレを店員さんに探してもらいました。探してもらった、というか即答だったけど。プロショップすげぇ。

Gateron Caps switches – 遊舎工房ショップ

35個組で2,860円なので一個81.7円。
これまで使っていたKailh Speed Copperは一個44円です。

これを二箱買ってきました。Ergodoxに使おうとするとあと4個足りないので暇なキーは昔のまま。

左がKailh Speed,右がGateron Cap V2 Switch

Gateronはメジャーなメーカーだけど、ハウジングまでカラーなのは少数派。
その御蔭でRGBライティングとは相性が悪いかも?と交換しながら思いました。

公式サイトによると動作はリニアで50gf。重さはこれまでと一緒。

中央部のステムポスト太くなり、ガタつきを改良したモデルだとか。
ファクトリールブ(潤滑)済みのためとても滑らかな上下動作です。

使ってみた感想

ざっくりいうと「しっとり、コトコトとした打鍵音の高級キーボードになる」
手元にある静電容量スイッチのHHKB Professional BT | PFUをさらにガタつきなく、重めにしたようなタッチです。

片手分だけ先に交換し、比較しながらフィーリングをメモしました。

  • かなりグラつきが少ない
  • 上下したときの「ガチガチ」とした音から、「コトコト」とした音へ
  • なめらかで少し重くなった
  • 高級キーボードに使われてそうなあれ!
  • 前よりも少し意識して押す必要があり。
  • 親指で2Uのキーを押したときの感覚が顕著。

語彙力が伺い知れますね。

Caps V2はグリスアップされたパーツがプラの上を滑るような、そんな剛性感のある重くて静かな感触があります。
対するKailh Speedはグラつきが多く、「バチャバチャ」といった高めの音がします。比較せずに使うとそこまで気にはならないけれど。

こうやってキースイッチ沼にはまっていくんだろうなぁ。

コメントを残す

Previous post Lightsailインスタンスを1GBから512MBに縮小した後に処した事
Next post PCケースの中にも設置できるギークな3.5インチミニディスプレイ