Windowsn10にLogicool G27ステアリングホイールを正しく認識させる(2021/11)

Windowsn10にLogicool G27ステアリングホイールを正しく認識させる(2021/11)

友人が転居を機にPLAYSEAT レーシングシート EvolutionLogicool G27ステアリングホイールををくれました。
さっそく組み上げたけれど「クラッチとHシフトレバーが動かない」。
そして後で分かった事ですが「フォースフィードバックが動かない」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぶっちー(@guys_dolls)がシェアした投稿

これの解決をしましたのでメモを残します。
対象のOSはWindows10Pro 20H2です。

ドライバの準備

  1. ダウンロード – G27ステアリング ホイール – Logicool サポート + ダウンロード
    からダウンロードする。2010年が更新日のもの。
    普通に”G27”と検索して出てくるツール(2018年のもの)は入れてもなんの解決にもならない。
  2. lgs510j_x64.exeを7-zipなどで解凍する。
    普通にインストールしてしまいたいけれど「本ソフトウェアはお使いのオペレーティングシステムでは・・・」と言われる。古いWin10用なのでしょう。
  3. 解凍されて出来た”$_32_”フォルダにある”lgs510j_x64.exe”をまた同様に解凍する。
  4. さらに解凍されたフォルダに”\2b-LGS-x64\Common64\Logicool\WMDrivers”がある事を確認する。

ドライバの手動適用

※何度も同じプロパティを開いてる様に見えて別物なので注意。

  1. コントロールパネルを開く。
    ”ファイル名を指定して実行”(Win+R)に”Control Panel”と入力しても開ける
  2. ”デバイスとプリンター”を開き、”G27 Racing Whieel”のプロパティを開く
    この時点でG27が見えてない人はまた別の問題。
  3. [ハードウェア]タブを開き、右下の”プロパティ”をクリック。
  4. さらにプロパティが開くのでそのまま左下の”設定の変更”をクリック。
  5. さらにx2プロパティが開くので、[ドライバー]タブの”ドライバーの更新”をクリック。
  6. 下段”コンピュータを参照してドライバーを検索”をクリック。
  7. 参照で準備したドライバのWMDriversフォルダを選択。そして”次へ”。

これで正しいドライバが入りました。
ちなみにOSが標準で持っているドライバリストにはG29しか見つかりません。

動作確認

  1. ”デバイスとプリンター”にてG27 Racing Wheelを選び、右クリックメニューより”ゲームコントローラの設定”をクリック。
  2. ”Logicool G27 Racing Wheel USB”を選んで”プロパティ”を開く。
  3. クラッチ、H-Shifter共にボタンが増えて反応すれば正常。

修正前

アナログ部はステアリングに1軸、アクセル/ブレーキを共有して1軸の計2軸のみでした。
ボタンも実際に対して数が足りていません。

修正後

ほしかった”Clutch”の文字が見えます。
アクセルとブレーキも別。ボタンも増えました(Hシフターの分)

ハンコンいじってると、FANATECのが欲しくなってきます。

コメントを残す

Previous post Lightningを片付けて一気にそろえたUSB-Cケーブル&充電器など
Next post 持ち運び前提の薄型ゲーミングノートパソコン調べ (2021年末版)