日本通信 IDEOS

日本通信 IDEOS

日本通信のIDEOSを買ってしまいました。

モバイルルータ購入の目的は

窮屈なマンスリーマンションのネット環境からの解放

にあります。httpとわずかなプロトコルしか通さないんじゃ、リモートメンテもネットゲームもできやしないよこんな世の中じゃポ(ry

前に書いた(どうなるDTIハイブリッドモバイルプラン | 徒労日記)ルータの申し込みはしてあったのですが、届くまでまだまだかかりそうなのでキャンセルする事に。

決め手になったのはやっぱり4/15から発売されるb-mobile Fair(bモバイル フェア)
300kbps縛りはちょっとなぁ、と思っていた所に容量制限付きとはいえFOMAの7.2Mbpsフルというのは魅力的です。1GBがどれくらいのキツさなのかまだ想像がつきませんが。

スマフォとしてのIDEOS

IDEOSは元々台湾Huawei製の”IDEOS U8150-B”を日本通信が輸入、国内的に技適マークを取った物。Pocket WiFi S (S31HW) | イー・モバイルと一緒です。Amazonとか秋葉原で安く売ってる直輸入品を買おうかとも迷いました。が、このAndroidのIdeos電源不良商品をamazonで販売している要注意業者、NEWLIFEの情報を見て怖くなって断念。いきなり水損と決めつけた上に台湾までの送料を要求とか怖すぎ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 問題ない人も居ますが、3,4ヶ月で充電不良が発生するパターンも多い様です。陥ったら地獄なので純正品をヨドバシ札幌で¥26,870(結構ポイント有った)で購入。純正品は1年間の保証有り。

パッケージの中身などは多くの方がレポートされてるので割愛。
一番いいなと思ったのは4色ついてくる背面カバー。マットブラック、メタリックマゼンダ、メタリックブルー、ソリッドイエロー(命名適当)が選べるのは大きな楽しみ。本体の作りも質感も中華Padの様な安っぽさは無く良い意味で予想外。ただ、ホームボタンまわりのデザインはちょっとレトロで好みが分かれそうですね。その分かなり押しやすくできています。
画面は2年前のガラケーみたいな解像度と色合いです。Webブラウジングも出来るけどニュースサイトはちょっと辛い。これを見た後iPhone4を見ると天国の様だw まぁWi-Fiルーターですから、と自分に言い聞かせ、サブと割り切れば問題ありません。タッチパネルは静電容量方式でiPhoneと遜色なく動きます。ただ中のOSのパワー不足などで反応が遅れる事もしばしば。ATOKのフリック入力は追いついてきません。

ルーターとしてのIDEOS

ルーターとしての3つの要素を試してみました。

電波

街中ではHSDPA接続されるのが[H]のステータス表示でわかります。東京の仮住まいでは時折3Gになりますが、電波無しになる事はありません。さすがFOMA。FOMAエリアプラスというのも特徴の一つですが、これは札幌にかえって山間部に行かないとわからないかも。
調べたときこのFOMAエリアプラスは並行輸入IDEOSでは利用できないとの記事が複数ありました。中には日本通信のファームウェアを入手して書き換えた例もありましたが、ダメだった様です。日本通信IDEOSには何か隠されたヒミツが??
(参考:ちょっと言いたいことなど。:プラスエリアにて日本通信IDEOSのテスト)

速度

東京の中心部で速度を測ってみた結果がこれ。

その時のWi-Fiルータ速度はU300という契約の通り、下りはほぼきっちり300kbpsで安定・制限されています。ただ、登りも300kbpsのはずが、一向に100kbpsを超えません。これがWebアクセスなのでのモタつきに繋がっている気がする。
もう一つ気になるのがレイテンシ(ラウンドトリップ?)。自宅Wi-Fiでは数100msほどですが、テストでは2500msほどかかっています。

使い勝手

多くのWi-Fiルーター専用機が電源と電波表示だけな中、元来のスマフォであるIDEOSは非常に多機能です。その分専用機に何が劣ってるか考えてみました。

まず一番の問題はバッテリー駆動時間。いろいろなプロセスが動いているせいか、夜中残量95%で寝たら朝見たとき42%に減っていました。こりゃイカン。実際フル充電からWi-Fiデザイリングを続けると3時間ほどで切れるそうです。普段からモバイルブースタなどの電池の用意と、こまめな通信機能のOFF/ONが必要かも。

Android Wi-Fiルータとして

最後に、IDEOSをWi-Fiルータとして使う為の、ガジェットを少し入れました。

これがホーム画面の写真。スクリーンショットも手軽に取れないとは、不便なOSですね!^^

上から順に

  • Retro Clock Widget
    パタパタめくれる時計と日付
  • Tweet Deck
    PCにもiPhoneにもあるTwitter/facebookクライアント
  • Tethering Widget
    ワンタッチでUSB/Wi-FiテザリングのOFF/ONをできる
  • Gauge Battery Widget
    IDEOSで深刻なバッテリー残量を細かく表示
  • Data Counter
    パケット通信量を表示。b-mobileには360MB/3日という制限がある為
  • Yahoo!天気予報
    東京は暑いですね!

あと、画面には出ませんが、使ってないバックグラウンドアプリをKillする”Advanced Task Killer”も入れています。すべてAndroidマーケットよりダウンロード。iOSの整然としたホーム画面も魅力ですが、Androidのガジェット設定もデスクトップカスタマイズに似た楽しみを味わえます。

さて、最初に掲げた目標ですが使ってみた今時点ではまだ未達成。やはり300kbpsという速度はネットゲーム(スタイリッシュMMORPG 「タワー オブ アイオン」)には遅すぎます。今週末発売のb-mobile Fairに期待。

Androidカテゴリの最新記事