部屋の壁スイッチをポン付けでスマートスイッチ化できるMOES WiFi Smart Light Switch

部屋の壁スイッチをポン付けでスマートスイッチ化できるMOES WiFi Smart Light Switch

前に部屋の壁スイッチをスマート化した記事を書きました。

部屋の照明スイッチをSonoff Smart touch wallswitchに交換してスマートスイッチ化

毎日非常に便利に使っています。
飲み物や荷物で手がふさがったまま暗い部屋に入っても、声だけで明るくできるのは助かります。
また消し忘れに気付いても、スマホや大きな声(寝室にはAlexaがない)で消すことができます。

ただ、このスイッチは取付時の難点がありました。
スイッチの裏面まで別途N(ニュートラル)の配線が必要、というところ。

しかし、最近それを解決した”No Neutral Wire Required”な壁スイッチがどんどん出始めています。
それを買って試してみました。

注意:電気工事は危険が伴います。作業は電気工事士に依頼しましょう。

MOES WSーUS2−LW-110N

様々なメーカーが似たような価格で販売しています。
その中から、他デバイスでの利用が多いSmart Lifeアプリでコントロールできる製品を選びました。

NEW WiFi Smart Light Switch RF433 No Neutral Wire Single Fire Smart Life Tuya App Control Works with Alexa Google Home 110V 220V

Aliexpressで1,680円+送料35円
2Gang=2個スイッチでUSパネル=縦長、95V〜135Vの対応。

それほど潰れてないけど、降るとガラガラ音がする。

表面は汚れのつかないガラス製。上部のWi-Fiマークは光りません。
今回は巨大なコンデンサがついてきました。他の製品にも必ずキャパシタの記載があるため、これがノーワイヤ動作の要になっていそうです。

裏面にはNの端子はなく、1つのL入力と2つのL1,L2出力があるのみ。

取り付け

今回、脱衣所にある洗面所&お風呂場スイッチと入れ替えます。

もともと洗面所の天井照明にはSonoffブレーカが噛ませてあり、Echo Flexにつけた人感センサーと連動しON/OFFしています。今回壁スイッチがスマート化すれば、これは不要になります。
お風呂場は別に完全マニュアルでも良いのだけれどもののついで。

まず本体と前面パネルを分離させたところ。
この製品はSonoffと異なり、本体側に固定穴があります。壁の穴は本体の凸部が入る最小限のサイズで済みました。上下ネジ穴の間隔は国内品と同じ80mm。

ブレーカーを落とし、念の為テスターにて電圧が出ない事を確認して作業開始。
元のスイッチはPanasonicのフルカラーほたるスイッチx2個でした。

ブレーカー側からのL=黒線を本体の”L”に接続。それぞれのスイッチに繋がっていた負荷側=白線を”L1”,”L2”に接続しました。
壁の取り付け穴は拡大しなくてもギリギリ入りました。助かるー。

この状態で動作確認すると、パネルのLEDがフラッシュ。
説明書によると”ランプが明滅する場合は、Nラインにコンデンサを入れろ”とありました。

使ってる照明”IKEA HEMMA”には結合部にスナップコネクタがあるため、そこにコンデンサを挟みました。
必須じゃないということは、接続した照明のキャパシタンスでも動くことがあるのかも?

デバイス認識

SmartLifeアプリで+をタップすると、スイッチがすぐに表示されました。珍しい。
2020 Updateのモデルらしく、ペアリング時にWi-FiだけでなくBluetoothを使い簡単になったそうです。

そしてすぐAlexaにも新デバイス検出されました。
スイッチユニットとして1つ、上スイッチ・下スイッチとして2つの計3つで認識。
上下スイッチそれぞれに名前をつけてボイスコントロールできる他、スイッチユニットに対して指示すれば両方を一気に操作できます。

個別設定ではいつのまにか「タイプ」が設定できるようになっていました。
初期値は「スイッチ」ですが、「ライト」を選ぶことでAlexa内で照明として扱われます。

完成

こうして無事設置完了しました。
穴もネジもそのまま使えたので手間いらずで本当簡単。これは全スイッチ置き換えたくなる簡単アイテムです。

ガラス製のシンプルなパネルデザイン。
そして無音で動作するのも快適です(Sonoffはリレーなのでカチッと鳴る)

IoTカテゴリの最新記事