突然ですがスマホをPOCO F2 Proに買い替えました。

突然ですがスマホをPOCO F2 Proに買い替えました。

世界がiPhone12の発表延期に落胆してる(?)中、その結果を待つこと無く二代目のAndroid端末に乗り換えました。

Mi9Tを落としまくる

iPhoneから乗り換えた”Xiaomi Mi9T”を使い始めたのはちょうど1年前。

全面ディスプレイなXiaomi Mi9Tのファーストインプレッション

「$300の端末は分厚い分、ノーガード(ノーケース、ノーフィルム)でいく!」

そう決めて1年使った結果、スマホはバリバリに割れました。
何度も落としたせいでパネルはもちろん、アルミのフレームに痛々しい爪痕が。
粗忽者には無理なプランだったといえるでしょう。

滑り落ちるほど滑らかで艷やかなボディは、是非裸で使いたかったんです。

Aliexpressから買ったパーツでXiaomi Mi9Tのガラス割れをセルフリペア。

しかし先月末、新しい端末を見つけて買い替えを決意しました。

Mi9Tを継ぐPOCO F2 Pro

POCO”と言うのは日本人にはなんとも間の抜けた発音に聞こえます。
でもれっきとしたXiaomiのサブブランドの一つ(Redmiもそう)

XiaomiのRedmi K30 标准高透贴膜立即购买-小米商城のグローバル版となります。

基本スペック

細かいスペックは他サイトに譲りますが、こんな端末。

  • ノッチもパンチホールもティアドロップもない、
    ポップアップフロントカメラ。
  • 6.67インチの有機ELディスプレイ
  • ハイクラスCPU,Snapdragon 865搭載
  • 最大64MPの4つのバックカメラ
  • RAM/ROM 6GB/128GB

ハイエンドグループの性能を持ちながら、価格は5万円切り。
Mi9Tをそのままスペックアップしたような端末だから、乗り換えたいと思ったんです。

一番の特徴はポップアップカメラ。

自分には使用頻度の少ないフロントカメラが、画面に居座るのを避けられます。
まさにMi9T(Redmi K20)の再来。

今回はすぐ欲しかったので普通にAmazonで買いました。
値上がり傾向で購入時は46,200円。

使ってみると、画面は大きいし、サクサク動くし、ストレスフリーでいい端末です。

でも持った時の感想はすごく普通
質感も十分もいいし安っぽくは無いのだけど、特別感は無い・・・。

ガラスの奥にカーボンパターンが見える、バックパネルが美しいMi9Tの方が所有欲を満たしてくれました。

ただ通信環境はさすが最新機種。
5G+Wi-Fi6に対応しており、Mi9Tで不満だった型遅れ感を見事に払拭してくれています。

この前買ったAX200と合わせて、家の高速Wi-Fi環境がどんどん整いつつあります。

今度はケースとフィルム

Mi9Tは落としすぎた。
この1年それなりに後悔しています。

という事で今回はしっかりガードする事にしました。
国内未発売の端末でも、幸いすでにAmazonに多数のケース類が並んでいます。

”Ringke”のケースは最近流行りの”MILスペック”もの。
ガラスフィルムは適当購入。

ケースは硬いTPUのフレームと、背面を魅せるポリカーボネートの組み合わせ。
かなりゴツくなりますが、確かに多少の落下なら耐えそうな頼もしさがあります。

反面、ガラスフィルムは貼った後すぐ剥がしました。
画面中央の指紋センサを激烈に悪化させるらしく、ロック解除に9割失敗するようになったため。

ガラスは相性が悪いため、従来の柔らかいフィルムが良いそうです。
ただAmazonにいいものがなかったのでAliexpressにて手配中・・・

3in1 hydrogel film for …. camera lens film|Phone Screen Protectors| – AliExpress

お値段182円。いつ届くやら。

Androidカテゴリの最新記事