1000円で劇的変化。Spiral DotでRHAイヤホンが気持よく使える

1000円で劇的変化。Spiral DotでRHAイヤホンが気持よく使える

年末に購入して使い込んでるRHA – MA750i(購入レビュー)。音はサイコーで気に入っている。でも通勤中に使うとすごくズレる。その度に押しこんだりするので、そのうち常に押し込まないとちゃんと入っているか不安になるという状態に。

これじゃせっかくのMA750iも楽しめない。というわけでフィッティングの改良を目的に、イヤーピースを買い換えました。

20160131-01

ビクターのSpiral Dot EP-FX9です。

パッと見ると普通のイヤーピースですが、音の通り道(通路)に小さなくぼみ(Dot)が一定間隔で配置されているのが特徴。これにより「イヤーピース内の反射音を拡散しクリアなサウンドを実現」とあります。
RHAの純正とくらべてみると素材がかなり柔らかく、通路にも芯材がありません。クリアーでオシャレだった純正品と異なり野暮ったいデザインにはなりますが、耳の形への追従性は良さそう。

今回はヨドバシカメラでMLサイズ6個入りを1,100円で購入。外形13mmとRHA純正のMサイズとほぼ一緒です。

早速付け替えて帰り道に聴いた瞬間違いが分かりました。低域の締りがよく、全域でエネルギーが増します。S/Nが上がったようにも感じます。これはDotのお陰?と言われると判断が付かないんですが、フィッティングが改善してやっとMA750iのドライバが本領を発揮した、という事ではないかと。事実、PCの前で聴き比べている今はそれほどの差を感じません。「若干Spiral Dotの方がいいかなぁ?」という程度なので。

Spiral Dotのメリットは移動中もズレず、ベストなリスニングを保ってくれる事が一番。手袋などをつける今時期に毎回フィッティングを気にしなくて済むのは本当に快適。

オーディオカテゴリの最新記事