V701を買った時の状態に戻す方法 -ファームウェアアップデート-

V701を買った時の状態に戻す方法 -ファームウェアアップデート-

ONDA V701の数々の不調を切り分ける為、購入初期状態に戻してみる事にしました。今回バージョンは変わりませんが、ファームアップデートの手順を載せておきます。

数々の不調

ONDA V701の2つの不具合を解消する | 徒労日記にて解消する問題の他にも、自分のONDA V701には大きな問題点が二つあります。

  1. 電源ボタンを押しても画面が表示されない事が多い
  2. Wi-FiをONにして放置するともの凄い勢いで電池が減る

1.に関しては同社のVi30双核版でも報告されてる方がおり、製品依存なのか分かっていません。USB充電している最中は直るという点も一緒。画面が表示されない場合、何度か連打すると「シャットダウンしますか?」の画面と共に突然復帰したりします。
2.は常に本体裏、コネクタ側がほんのり暖かくなる状態で、スリープ時も電力を消費している事がわかります。5時間放置したら40%消費とかもうね!

購入時焦ってどんどんイジってしまったため、いつから発生していたのか定かでありません。ファームの潜在的な問題なのか。はたまた入れたどれかのアプリが起因しているのか。

そこで、一度タブレットを初期状態に戻し、落ち着いて切り分けてみる事にしました。毎回リセットボタン押さないと起動しないとか正直ツカエナイしね。

2012/09/05 公式のV701が更新

購入当初、V701の公式ページに公開されたファームファイルは解凍できませんでした。ところが改めて見に行ったら情報がびっしりと更新され、ファームファイルも変わっていました。

ONDA 昂达电子:首页 > 平板电脑 > V701双核版(超值平面电容)

なになに。それによるとV701の性能はGalaxy Noteより上。USBポートはキーボードや3GモデムデバイスやHDDなどを接続可能。製造行程の写真までありますね。

それはさておき、大きな写真の下にある「下載/服務」(当て字)のタブを選ぶとファームウエアがダウンロードできます。ページは「V701双核版_v1.4版固件」というタイトルで、ファイル名はV701D_v1.4-03.rar。サイスは210MB。

自分はブラウザでダウンロード失敗したのでJDownloaderを使ってやっと入手しました。

ファームアップデート手順

rarファイルには手順を書いた”刷机教程.doc”が含まれます。それを見たらなんとなく分かりますが、Google先生の翻訳をさらに意訳しました。

1.手持ちのONDAモデルに対応したファームウェアパッケージを公式サイトからダウンロード。
2.TFカード(MicroSDカード)は、容量が512MB以上、推奨は8GB以上の物(注:実際は200MBしか使わない)
3.タブレットのバッテリーが80%以上である事を確認してください。


1.ファームウェアパッケージを適当な場所に解凍します。

2.その後、MicroSDをカードリーダー(または読み込める他のデバイス)に挿し、PCと接続します。MicroSDはFAT32形式でフォーマットし、チュートリアル(刷机教程.doc)をのぞく全てのファイルを(ルートフォルダに)コピーします。終わったらPCから取り外して下さい。

入れるとこんな感じです。

3.タブレットをシャットダウンし、MicroSDカードを挿入します。

4.Homeキー(小さな家のアイコンのボタン)を押したまま電源を入れ、ロゴが表示されたら電源ボタンを離します。Homeキーはまだ離さないで下さい。写真(刷机教程.doc参照)の画面が表示されたらHomeキーも離します。プログレスバーがアップグレードを表示します。

5.アップグレードが完了すると、タブレットは自動的に再起動します。これで完了です。


注意:

1.タブレットをアップグレードする前に、充電されている事を確認してください。電力不足があると、アップグレードを完了できません。
2.アップグレードにタブレットのパーソナルデータをバックアップしてください。アップグレード処理はマシンのディスクをフォーマットし、完了後は完全にデータが消え復旧できません。
3.アップグレード処理中は失敗に繋がる為、不適切な操作やリセット、手順以外の操作をしないでください。
4.装置の不適切な操作により引き起こされるアップグレードにより使用できなくなる事がありますので慎重に。あなたが修理をする場合は購入もと、オフィス・デポに連絡する方法をお読み下さい。

長々と書いてますが、かなり簡単に終わりました。アップデート処理は10分もかかりません。

復活

更新が終わると勝手にリブートし、中国語のチュートリアルが表示。

全部中国語で若干焦りますが、慌てずアイコンを頼りに設定を開きます。

「A」と書かれたメニューを選び、「中文(中国)」と書かれた所をタップし、日本語を選べば完成。

それからというもの、冒頭に書いた二つの問題は綺麗になおりました。電源ボタンを押しても表示しない事もない(反応は少し鈍くてまだアレ?っとなる)。丸一日持ち出して通勤中の3時間に使ってみたけどWi-Fiを一日ONにして残り51%。バッテリーの保ちはともかくとして、熱くもならないし、正常じゃないかと思います。

今後のチェック(自分メモ)

初期化の結果、製品自体に問題を起こす要因がなさそうな事は分かりました。となれば、これから入れる数々のアプリに問題を起こす可能性が残されています。出荷時のファーム異常ってセンもあることはあるけれど。

アプリは少しづつインストールし、問題が出ないことを確認したものを検証済みとして記録していく事にします。

  • OK:OS hosts修正、Google同期モジュール追加
  • OK:Google IME Japanese
  • OK:ESファイルエクスプローラー
  • OK:YouTube
  • OK:Titanium Backup
  • OK:Pluse News
  • OK:Perfect Viewer
  • OK:Wordpress
  • OK:FireFox (sync済み)
  • OK:Google chrome
  • OK:Instagram
  • OK:Flipboard
  • OK:Pickie
  • OK:Dropbox
  • OK:MX動画プレイヤー
  • OK:Instagram
  • OK:Evernote
  • OK:Quadrant Standard Edition
  • OK:Antutu 安兎兎ベンチーマーク
  • OK:Google マップ
  • OK:Plume
  • OK:Go天気EX(&デスクトップウィジェット)

昔問題があったときに入れてたアプリをほぼ入れ終わりましたが、大丈夫そうですね・・・そろそろ次のステップでしょうか。

Androidカテゴリの最新記事