ワイモバイルユーザならLINMOへの乗り換えは簡単あっという間。

ワイモバイルユーザならLINMOへの乗り換えは簡単あっという間。

コロナ禍の生活変化により、複数のデバイスを持って出歩く事がめっきり減りました。

その結果、複数SIMで契約をシェアできるというYmobileの利点が無くなりまして。
それならと今や最安キャリアプランの一つ、LINEMOに変更しました。

Ymobile→LINEMOでかわること

YmobileからLINEMOに変える場合の注意について。
細かい事は一杯あるけれど、めぼしいものは以下でしょう。

かわらない事

  • Softbank回線を使った通信品質
  • 支払い方法
  • パケット=ギガの翌月繰越不可
  • テザリングOK

「携帯電話契約の基幹部分はかわらない」と思っていいでしょう。

かわる事(デメリット)

  • SIMロック解除済みの端末が必須=Softbank専用機は不可
  • 家族割/おうち割光割等がなくなる
  • Yahooプレミアム会員がなくなる
  • ワイモバイルまとめて支払いが使えなくなる(新規にソフトバンクのは使えるようになる)
  • シェアプランや留守番電話などのサービスがなくなる。

なくなる事は結構あります。
PayPayキャンペーンで必須になる残高チャージがクレカで出来なくなるのは不便。と思っていたら、ソフトバンクまとめて支払いが使えるそうで全く問題なし。

かわる事(メリット)

料金は評判通りのワンプラン。
通話定額or無料のオプションのみがあります。

スタンプ使い放題をこっそり期待していたら、2021年夏からの開始でした。
代わりにLINEMOスタンププレミアムをポイント還元するキャンペーン実施中。

今時代のスムーズ乗り換え

オンライン専用プランのLINEMO。
結果的にとてもスムーズに乗り換えられました。

Ymobileの月締め4日前、スマホから申し込み。
翌日にはSIMが発送され、3日目には佐川さんが配達してくれました。

同封の手引にそって、開通手続き窓口”0800-919-3448”に電話。
自動音声ながら10時~19時と時間が決まっているので注意

音声ガイダンスに従い、電話番号とワイモバイルで登録した4桁の暗証番号を入力。トータル1分30秒で完了。

あとはSIMを入れ替えて端末を再起動し、APNを手順通り設定すれば終わり。
Ymobileからの移行だとMNP番号を取る手続きも要らず、拍子抜けするほど簡単でした。

試しに数日つかってみた印象では全く変化ありません。
良くも悪くも。スピードテストも20Mbps以上出ているのでこれまで通りです。

浮いた500円でYoutube Premiumでも契約しようかな。

Androidカテゴリの最新記事