Gateronnoキースイッチにはまり2軸を買い増ししました。

Gateronnoキースイッチにはまり2軸を買い増ししました。

以前遊舎工房で衝動買いしたGateron Proスイッチ。

衝動的に遊舎工房でキースイッチを買ったのでErgoDox EZのスイッチ交換をしました。

フィーリング最高!
理想のキースイッチだ!!

と思ったものですが、すべてが黄色なのでLEDバックライトが死ぬ。

その御蔭でRGBライティングとは相性が悪いかも?と交換しながら思いました。

嫌な予感は的中。
何色にしても黄色のフィルターを通るため、ただの暖色バックライトに成り下がります。

Gateron Pro V2 2.0 Switch

という事で、今度は同じキープロファイルを持ったクリアハウジング版をAliexpressでオーダーしました。

価格が安かった事もあり、メインキーに使う黄色軸を1セット。
機能キーに使うクリッキーな青軸を1セット買いました。

前回の真っ黄色モデルと同様、ファクトリールブ(潤滑)済み。
V2 2.0となっているのはLED光の分散が広くなるハウジングに改良されているようです。

Gateron Pro V2 2.0 Yellow Switch, X70 PCS

Gateron Pro V2 2.0 Switch 3pin RGB linear Tactile White Yellow Red Silver Brown Switch for mechanical keyboard Pre Lubed

70ピースセットで2,139円、送料無料。
10日ほどで到着。最近Aliexpressは配送早い(ものが増えた)

黄色軸のプロファイルはリニアモデルの赤軸と黒軸の中間。
そこから黒軸よりといった感じ。押しはじめは赤軸ほどの軽さで、押し込み切る頃には黒軸に近い重さになります。

使ってみると、黄色で惚れた「上質な打ち味」がそのまま引き継がれており嬉しくなりました。
上質って何?というと、コトコトとした静かでグラつきのないフィーリング、ステムの滑らかな上下可動を指しています。

そして鮮やかなLEDライティング復活!
光を拡散するハウジングでPudding Keycaps | HyperXとの相性がかなりイイ。

Gateron Pro V2 2.0 Blue Switch, X70 PCS

青軸はお値段も配送も一緒。
初めての青軸でしたが、思ったより合いませんでした。

構造は似ているはずなのに、キー自体がグラつく印象をうけました。
実際にラッチの動作によるものなのか、音の印象だけなのか判断が難しい。

あとはそのラッチ音が思った以上にガチャガチャという音でした。
もっとカチコチとした音だったら良かったのに。

また特に青軸は端子の板金が薄いように思います。
キースイッチソケットに差し込む際、何個か折れて入ってしまいトライ&エラーが必要でした。
他のスイッチではこんなに入れ替えに気を使う事なかったのに。

とりあえずRGB バックライトは復活したし、打鍵感は最高だし満足。
真っ黄色なGateron Proは職場のClaw44に使ってます。

コメントを残す