そろそろWindows7じゃない?

そろそろWindows7じゃない?

 いつまでもWindowsXPなんて使ってるもんじゃないよ

 なんて強気に書いてますが、Vistaや7にそれほどの魅力が有るわけでもありません。ただ自分は「XPで困ってないし、これでいいや」なんていつまでもレガシーソフトウェアのぬるま湯につかってるのを良しと思いません。
 そういう気質が旧世代へのリソース負担(人的、製品的)を残し、いつまでも次の段階へシフトできなくしてるんです。「マイクロソフトの作ったソフト最高!すぐ最新版使おうよ」なんて言ってる訳じゃないけど、そろそろ重い腰を上げてシフトしませんか。

エディションの違い

 そんなわけ(?)でいよいよWindows 7の予約受付が始まりました。
アップグレードパスにしても製品ラインナップにしても複雑すぎてわかんねーよ状態ですが、普通に使うんならHomePremiumを狙えばいいんじゃないかと思います。

あなたにぴったりなのはどれでしょうか?| Microsoft Windows 7
20090925-1.JPG

 Web見て、メール書いて、音楽聞いて、動画見て、くらいならHomePremiumで十分です。7はDVDにもtsにも標準で再生対応。アプリもiLifeに負けないくらいいろいろ入る様になりました。

 もし家のPC管理人を自負するお父さんとかが必要になりそうなのはバックアップかな。それを使うなら一つ上のProfessionalが必要です。
 なぜOSのバックアップ機能が候補に挙がるかというと、「RAIDに対応している事」と「定期的にバッググラウンドでとってくれる」から。RAIDを使う場合、市販のバックアップソフトではRAIDボリュームを認識しない場合があります。特にNVIDIAのチップセットの場合。そうなるとRAIDに戻せるのはOS用のRAIDドライバが動く純正のバックアップしかありません。またバックアップ先にNASor他PCが選べる様になったので、バックアップ用のローカルドライブを接続する必要はなくなるそうです。
 あとはAeroが動くようになったRDP 7.0(リモートデスクトップ)のサーバになれるのはProfessionalとUltimateだけだそうですよ。親機orサーバみたいにしてリモート操作したい場合もProfessional以上が条件です。

購入

 いつもお世話(刺激)になってる安値世界一への挑戦さんがまとめられてます。

Microsoft Windows 7 キャンペーンまとめ - 応援キャラクターは窓辺ななみ(CV:水樹奈々) – 安値世界一への挑戦
 
 これを見ると特典ではNTT-X Store、価格ではクレバリーがいいようです。特にクレバリーの価格は他店を頭一つ抜きんでています。
 製品版を買う場合、ProfessionalとUltimateは1000円差なのでUltimateを買っておく方がお得感があります。ただDSP版となると価格差はPro->Ultiで6000円。BitLockerと多言語対応でこの値段を出すかはあなた次第(注:クレバリーでの比較)
 一方にHomePremiumとProfessionalとの差は3000円。3000円ならイメージバックアップソフトを買うより安いとも言えます。WindowsXPモードは・・・冒頭の理由により断固拒否ヽ(‘口’*)ノ

PCカテゴリの最新記事