ベトナム旅行をあれこれ調べる -ホーチミンに観光はあるのか-

ベトナム旅行をあれこれ調べる -ホーチミンに観光はあるのか-

今考えても漠然と決めた感のあるベトナム・ホーチミン旅行。

「ベトナム 観光」で調べるとほとんどホイアン、ハロン湾、ニャチャンなど他の場所ばかり出てきます。ホーチミンは東京における新宿みたいなポジションなのかもしれない。

「早まったか・・?」と思わないでもないけど、自分の中でベトナムといったらやっぱりホーチミン、みたいな印象がありまして。これは一種の通過儀礼なのかもしれない。

ということで今回はホーチミンでの観光を調べ、全力で楽しむ事にします。

ホーチミンとは?

価値ある体験スポット 見どころ案内 ホーチミン


Ho Chi Minh

ベトナムの商業の中心地。かつてサイゴンと呼ばれた街は、ベトナム戦争終結後、革命の英雄の名をとりホーチミンと改名。ただし現在も、サイゴンという呼び方も通称で使われます。
・・・
そんな街並みを縫うように次々に建てられる高層ビルやホテル、通りを埋める人々とバイクの波、さらに物売りの人々。アジアのエネルギーを全身で体感できるのが、この街のいちばんの魅力といえるでしょう。

すっかりサイゴンという町が別にあるものと思っていました。
そしてホーチミンが首都だと思っていたらハノイだったという。

世界遺産や自然を楽しむというより、海外の首都の街並みや歴史的建造物を巡るフォトジェニックなトリップがホーチミンには合っているのかもしれません。

ホーチミンの代表的観光スポット

ドンコイ通り

Dong Khoi Street
photo
(c)ASEAN-Japan Centre
ホテルやショップが集中するホーチミン中心部の代表的ストリートです。ドンコイ通りの周辺には、統一会堂、サイゴン大教会、市民劇場、水上人形劇場などの見どころも多数集まっています。

一番の繁華街。ホテルの予約サイトなどもここに近いことがランク付けの一つの要素になっています。

ベンタイン市場

Binh Tai Market

photo
(c)ASEAN-Japan Centre

市内最大の市場。食料品から雑貨、衣類まで生活に必要なものはひととおり揃い、さらにお土産物も豊富に売られています。料金は交渉制。夜になると周辺には屋台の食べ物屋や洋服屋が登場、ナイトマーケットと化します。

台湾の士林夜市みたいな感じでしょうか。
だいぶ観光客が多いらしく、市民の市場というより観光スポットになっている様子。

ブンタウ

Vung Tau

photo
(c)ASEAN-Japan Centre

ホーチミンから気軽に足を運べるビーチリゾート。週末はベトナム人でにぎわう地元の海水浴場といった趣です。フランス総督の別荘だったホワイトパレスが残り、見学も可能。海岸の先の高台には大キリスト像がそびえ、展望台から南シナ海を見晴らすことができます。

[アクセス]ホーチミンから車で約1時間半。

ホーチミンの南東に位置する海辺の町みたいです。東京における江ノ島みたいなポジだと勝手に予想。
海のリゾートが少ないホーチミン観光にあって貴重なロケーションかもしれません。

サイゴンセンター / ホーチミン高島屋

サイゴンセンター / ホーチミン高島屋
第5位は2016年7月30日にオープンしたばかりの「ホーチミン高島屋」です。ホーチミン初の百貨店で、大型ショッピングセンター「サイゴンセンター」内にあります。ショッピングはもちろんですが、「ルナムカフェ」でコーヒーを堪能できます。現在工事中の「ベンタイン総合駅」に近い注目のエリアに立地する最先端のスポットです。

チョロン(中華街)

チョロン(中華街)
第7位にチョロン(中華街)がランクイン。「チョロン」はベトナム語で「大きな市場」という意味で、その言葉通り範囲が広く、周辺を歩くのもいいですが、遠めの目的地まで行くのであればタクシーがおすすめです。「ティエンハウ寺」や「チャータム教会」などの観光スポットがあります。

サイゴン中央郵便局

私がおすすめするのは、数あるホーチミンのコロニアル建築物の中でも、かなり人気が高い観光スポット・サイゴン中央郵便局です。

この建物は元々、1886年、当時ベトナムを統治していたフランス政府によるフランスへの連絡手段として造られたものだそうで、内部はまるでヨーロッパの駅構内かのように美しいです。

サイゴン大教会 (聖母マリア教会)

サイゴン大教会 (聖母マリア教会)

19世紀末に建てられたレンガ造りの教会で、ホーチミンを代表する観光地として知られています。

引用元サイト

オプショナルツアー

正味丸4日あるので、1〜2日くらいはツアーに身をまかせようかと考え中。ツアーの魅力は慣れない移動に時間と気を裂く必要がなく、観光を濃縮して行えることです。

ミトーメコン川クルーズ

都市中心といえど、自然の部分も見てみたい。そう思うとメコン川のクルーズがメジャーらしい。

【H.I.S.】<★セット割★ホーチミン1日観光フルコース>クチ地下トンネルとミトーメコン川クルーズさらに!ディナークルーズ付

【H.I.S.】<ホーチミン有名2大ツアー>ミトーメコン川クルーズとクチ地下トンネル終日観光 (昼食付き)

メコン川クルーズ日帰りツアー 一番人気!ベンタイン市場や人気チョコレート店「マルー」解散可| VELTRA(ベルトラ)

メコン川クルーズ日帰りツアー ココナッツ工場+ハチミツ農園 ローカル食堂体験プランあり| VELTRA(ベルトラ)

ナイトツアー

夜のツアーはサイゴン川のクルーズが定番。

人気No.1のナイトツアー!水上人形劇鑑賞+サイゴン川ディナークルーズ<夜/一部のホテルに往復送迎可|VELTRA(ベルトラ)

あとは歓楽街として有名なベンタイン市場。

ホーチミン夜景観賞ツアー ラグジュアリーバスで豪華に!ベンタインフードコートで屋台ごはんと地上50階のバーからの夜景鑑賞|VELTRA(ベルトラ)

参考サイト

ツアーに関してはこの方の淡々とした動画が、全ての定番ツアー&スポットを網羅されてる感じです。頼まなくて良いんじゃない?ってくらいw

天気や服装

最後に服装についてメモ。

ホーチミン天気・気温・降水量|海外旅行情報 エイビーロード

乾季末の4月は1年のうちでもっとも暑い時期となり、日中は観光するのも辛くなるほど。雨季に入ると気温は少し下がるが、湿度は増すので、体感的には暑さはさほど変わらない。したがって観光のベストシーズンは、比較的涼しくて湿度が低い乾季の12~1月とその前後になる。服装は年間を通じて、日本の夏服と同じでOKだが、日差しはかなり強いので、紫外線対策の長袖や日焼け止め、帽子、サングラスを用意するといいだろう。

基本的な東南アジア旅行の格好で良さそうです。

ベトナム旅行に行くなら知っておきたい気候や服装や靴について – TOMOKO TAKETANI -TRANSIT LOUNGE-

❙ ホーチミンの旅の服装
・基本的には年中半袖です。上下とも夏服で!
・長袖は1枚くらいあると便利!
・足元はスニーカーかぺたんこ靴がおすすめ

※ホーチミンは南部で気温も高いので、できるだけ薄くて体をしめつけない(ゆるい感じ)、風通しのよい素材の服がおすすめです。はおれる長袖は、デパートなどしっかり冷房が効いている所もあるのと、日焼け予防としても1枚あると便利です。

動画を見てると男性はハーフパンツにポロかノースリ、女性はスカートじゃなくてパンツ姿が多かった。
そして南国らしく建物の中は場所によりがっちり冷房が聞いてるそうです。さっと取り出して一枚羽織れた方が良さげ。

あとは空気がかなり悪いらしく、みんなマスクをしてます。バイクに乗るなら特にそう。持っていきましょう。

 

カテゴリの最新記事