Aliexpressでやっすーーーい簡易水冷120mmCPUクーラーを買おう。

Aliexpressでやっすーーーい簡易水冷120mmCPUクーラーを買おう。

満2年を迎えた簡易水冷クーラー”RAIDMAX COBRA RGB 240”から異音がするようになりました。

「シュシュン、チュチュチュ・・・」という珍しい音。

おそらくポンプの回転が安定せず、泡がインペラーに当たっているのでしょう。
今はまだ冷えていますが、止まる前に買い換えなくては。

ただ普通に買ってもつまらないので、独身の日セールを迎えるAliexpressで探してみようと思います。

120サイズの簡易水冷を試してみたい

現在のCOBRA RGB 240は120mmファンを2つ使う240サイズの簡易水冷。
今のCore i7 8700Kを十分に冷やしています。

でも今回はCPUに我慢してもらい、120サイズの簡易水冷を排気口側につける事にします。
今のケースには以下の問題があるので、これで解決するのか試してみたい。

  • ラジエターが必然的に前面設置のため、グラボやSSDに届く風が温い
  • チューブ長が400mm必要なため、製品選びがキツい

ただ選んでも有象無象が出てくるため、以下の点をクリアしたものを選びます。

  • 120mmのファン1個の簡易水冷クーラー
  • ポンプ部とファンの両方がアドレサブルLED搭載=A-RGB対応
  • フロント吸気用に同じファンが別売りしてる

独身の日セールに頼むかどうかは値引き次第。
セールで頼むと繁忙により出荷が遅れたりします。

Aigo

中国語で”愛国者”と書かれるAigo。
昔コントローラ付きのLEDファンセットを買ったのが懐かしい。

専用コントローラで多彩に光る!aigo AURORA C3ファンでライティングPC完成です

darkFlash Tracer DT-240

Aigo PC Case Fan Water Cooler CPU Fan 120MM T120/240

多くのショップから出品されています。
カラバリはホワイトやピンクまで有り。

A-RGBではあるけれど、どうやら変更不可っぽい。写真のパターンで光り続ける模様。

120サイズはdarkFlash Storeにて¥ 4,515。

セットファン

Aigo D1 PC Case Fan Cooler Cooling LED

同じくコントロールできなさそうなA-RGBのファン。
molex4pin(大きな電源コネクタ)というのも古さを感じます。

darkFlash TR 240w

Aigo PC Case Water Cooling Computer CPU Cooler RGB

DT-240の後継ぽいモデル。
ASUS AURAに対応したA-RGBで、チューブは編組

120サイズはdarkFlash Storeにて¥ 4,967

セットファン

Aigo darkFlash CF11 Pro RGB Fan 120mm

1個あたりは¥ 948と安価。
ただし専用のコントローラが必要なため、3個セットがミニマムスタートとなるようです。

GameMax

Amazonでもツクモでも見ないローカルメーカー?

Ice Chill 120/240 RGB CPU Cooler

GameMax RGB CPU Cooler All in One Liquid Water Cooler

ASUS AURA,GIGABYTE RGB FUSION,MSI Mystic対応を正式に謳います。
取り扱いショップが少なく、¥ 6,159のワンプライス。

セットファン

GameMax RB300 RGB PC Case Fan 120mm

半面のファンがハウジングから飛び出したような独特の形状。
これ、排気側につけるのが前提のフレームデザインですよね?

コントローラを持たず、LED点灯&RGB制御はM/Bコントロールが必須になるようです。LED Stripと扱いは似ます。

Bykski

同じく聞き慣れないメーカ。

B-FRD120-RBW

Bykski PC Case Water Cooling Kit 120mm 

対応M/Bブランドは書いていないけれど、A-RGB対応を明記。
流体軸受のPWMファンと書かれています。

取り扱いは少ないながら¥ 4,551、独身の日セールで

セットファン

Bykski Water Cooling Cooler Fan CF-APRBW-V3

コントローラーで点灯パターンを制御するタイプの専用6pin式ファン。
本当は簡易水冷についてくる3pin A-RGBのファンが欲しいのに見つからない。

どれにしようか考え中

一通り調べた結果、簡易水冷とその付属ファンはA-RGB対応。
しかし追加のファンはすべて専用コントローラ接続でした。

発光だけ見れば、専用コントローラ経由でも問題ありません。

懸念は回転数まで専用コントローラ制御となるため、センサーに合わせたアクティブコントロールができないこと。これは面倒くさい。
各社ラジエター用のファンは3pinA-RGBなのでそれを単品販売して欲しいものです。

インレットは回転決め打ちで使う事が一般的なのかもしれません。

PCカテゴリの最新記事