32bitのWindows10を消去せずに64bitにしたかったけどMBRに阻まれた話

32bitのWindows10を消去せずに64bitにしたかったけどMBRに阻まれた話

ことの起こりは妻のPCが遅いというところから。
そしてこの記事は徒労で終わった話しです。
つまり「32bitのMBRでインストールされたWindows10は再インストールなくして64bit化できない」。

32bitOSのメモリ認識は3.5GBまで

妻のPCは元自分のメインマシン。
世代が古いとはいえ、写真処理などは余裕でこなせる。と思っていた。

遅い遅いという訴えを聞いてみてみると、Win10のフォトが落ちる。

「なんで??」

と思って見るとメモリが3.5GBしかない

この時代になると今更感満載の話でもあります。
メモリを16GB搭載していても、今の今までずっと無駄にしていた訳です。

思えばWinVist,7あたりから脈々と受け継いだWindowsライセンスを使っていました。
Windows10に無償アップグレードできたものの、ビット数は変更されていなかった訳です。

今はbitの変更は無料でできる

昔64bit版OSはエンスージアストのモノであり、販売価格も高く設定されていました。
ソレが今や64bitOSは当たり前。

Windowsのライセンス認証も移り変わりました。
今は一度Win7からWin10へアップグレードできたハード構成なら、クリーンインストールしても勝手にライセンス認証されます。
同様に、32bitOSから64bitOSに切り替えてクリーンインストールしても、ライセンス認証は通るのです。

それなら!と思って調べると、元の32bitOSを消さずにインストールし、ファイルを残して64bitOSに切り替えられるという記事を発見。

これをやりたい!
OS入れた後の環境づくりが面倒なんですよね・・・

MBRディスクという壁

MBRにはインストール不可

参考サイトに従い、USBメモリからWin10 Pro 64bitをインストール・・・

と思ったけど、
このディスクに Windows をインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBR パーティション テーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。
と言われインストールできない。

Windows 10曰く「このディスクに、Windowsをインストールできません…」 | Think IT(シンクイット)

Win7のOS上からアップグレードにて10をインストールした場合、MBRディスクをそのまま引き継ぎます。
実際MBRで何も不便無いものね・・・。

しかし、現在のOSインストールツールはGPTディスクのみです。
あるいは昔のインストールツールはMBRディスクも許容したのかもしれません。

変換アプリは有料!

クリーンインストールするしか無くなるので、専用アプリを頼ってみました。

  1. 無料でMBRディスクからGPTディスクに変換する3つの方法 ー EaseUS Partition Master Free
  2. このディスクにwindowsをインストールすることはできません ー MiniTool Partition Wizard 無料版

しかし、実際に1.を試してみても「GPTに変換」のメニューが出てこない。
システムディスクでもできる風に書いてあるのだけど・・・。自分の環境が悪いのだろうか。

しかし後から気づいた。
「GPT、MBRのシステムディスクにおける相互変換」は有料版(Pro)からやんけ!!

記事は無料で~と銘打っているし、文中のスクショもディスク0で”起動”って文字が見えるのに。
Dドライブなら変換できる、とかそういうオチだろうか。

2.の場合も無料版の記事ですが、リンクをたどると有料版のブートディスクによる作業が必要、とあります。
結局同じことですね。

結局クリーンインストール

諦めきれない最後の最後。

一度EaseUS ToDoBackup Freeでフルバックアップを取ります。
その後64bitOSをクリーンインストール。
その後、ToDoBackupのリカバリUSBから起動し、退避したCドライブを書き戻せないか?と試しました。

結果は失敗。
GPTのディスクにMBRのバックアップイメージは戻せないそうです。

だと思った。

ということでクリーンインストールしながら待ち時間でコレを書いてます。
32bitOSそのままにしてた当時の自分、いい加減だったなー。

PCカテゴリの最新記事