ケルヒャーの高圧洗浄機K2.900から激しい水漏れ。なんとかDIYで直したい。

ケルヒャーの高圧洗浄機K2.900から激しい水漏れ。なんとかDIYで直したい。

先日、1シーズンぶりに高圧洗浄機を使おうと思いました。
すると蛇口から水を入れただけなのに、本体から滝のような水漏れが!

ホースの抜け?と思ったけれど、間違いなくボディ内部から出てる・・・これは一体。

分解し原因判明

分解は割と簡単にできました。

まずタイヤのセンターキャップ兼車軸をマイナスドライバーでこじって外します。
あとはタイヤを外し、背面の黒いカバーから見える全てのネジを外すだけ。
ネジはT15のトルクスドライバー。

中は結構スカスカ。
内部を目視できる状態にしたところで、もう一度ホースから水を流してみます。

事前の調べたとホース接続部のOリング劣化とかが多いらしい。
もしそうなら防水テープでも巻けば直るに違いない。

そこかよ!!

思わず声が出ました。
給水口からモーターへつながる、プラスチックパイプに明らかな亀裂が入っていました。

原因は不明。
装置を転倒でもさせれば、給水口が押されてここに力もかかるだろうけど。心当たりなし。

部品はこのプラパイプ丸ごとになりそうです。
しかし国内入手不可。軽く探してみたけれど、外国から取り寄せる他なさそうです。

正規の修理手段は

修理を国内で正式に頼む手もあります。

定額修理料金表 | ケルヒャー

  • 修理品を発送いただく際の送料は、お客様負担になります。修理後、下記定額修理料金に加えて、修理品お戻しの送料935円を頂きます。
K 3シリーズ
(K 3.490、K 3 サイレント など)
ベランダクリーナー
K 2.900 サイレント
11,000円

うーん。
DeLonghiと違い、行きも帰りも送料を別途取られるそうです。

購入時は2万円。
修理費11,000円+こんな大きく重い装置の往復送料。買い替えを考えたくなる、絶妙な値段設定ですね。

自力で修理

ということで「予算は1,000円」として、ホームセンターの道具で修理を試みました。

溶かして埋める

圧力と耐久性の問題から、接着剤ではダメであろうと考えました。

という事でターボライターと熱したビットを使い、プラスチックを融解させて埋める作戦。

見てくれは悪いけど、これは埋まったでしょー。

しかし自信に反して水漏れは直りません。
当初のような噴水は無くなったけれど、岩肌から滲み出るように湧く水が止められない。
何度やり直してもダメ。

水周り専用補修材を使う

膨らまない強度があり、水に強い修理剤。
で、探したのがこれ。

FirberFix UVパッチ 7.5cm x 7.5cm

よくホームセンターの怪しいCM動画が流れてる奴です。
「どうだいジョニー、すごいだろう!?HAHAHA!!」みたいなやつ。
このサイズでちょうど1,000円。

ガラス繊維の布を紫外線で硬化する樹脂に浸したものが1枚入っています。
太陽に当てると固くなる即席FRPです。

期待して作業したけれど、思ったようには貼れませんでした。
布に厚みがある上にコシがあり、柔軟性に欠けます。何度もなぞって押し付けますが、面への追従性がわるくてどうしても気泡が入ります。

やっぱりパイプとか、ボートの横とか、二次曲面までしか対応できないのかなー。

とりあえず結果を見てみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぶっちー(@guys_dolls)がシェアした投稿

やっぱりね。

純正パーツを輸入中

結局補修を諦め、海外から純正パーツをオーダーしました。

  • 搭載品:9.762-201.0
  • 現行品:9.755-389.0

部品代はケルヒャーのWebストアなら10,47 EUR=1,400円ほど。
でもEU圏にしか発送してくれません。いくつかある他のサイトも同様。

その中で見つけたのがSpares2you
”日本だけ出荷先にリスト無いけど対応可能?”って聞いたら速攻リストに追加してくれました。

このパーツ+劣化しやすいOリング2個を追加した商品代金が£7.47。
それに送料が£26.67 がかかり、総額£34.14。Paypalで支払った際の引き落としは ¥5,484でした。

パーツ一つに5,000円かー・・・。って感じですね。
これで直ると思うので記事にはしませんが、また面白い事になったら紹介します。

雑記カテゴリの最新記事