感動した!

  • 2006.12.14
  • PC
感動した!

 って言ってた人はもう見かけませんが。なんならシンジラレナーイでもいい。

 発売まで後二ヶ月を切ったWindows Vistaですが、ベータ版にて感心というか「おっ?」と思った機能について書きます。

・OSでDLNAを標準実装?

 以前からWindowsにはメディアの共有として”Windows Media Connect”という仕組みを提供はしていたが、UPnPメディアサーバという位置づけの為BRAVIAではデータを参照できなかった(こちら参照)

 それがVistaに付属のWindows Media Player(WMP)ライブラリにメディアを登録したところ、BRAVIAからもデータを読み込める様になっていた(実際WMPはただのフロントエンドであって、ライブラリはMediaCenterと共通化されるので、「OSとしてDLNAにも対応したライブラリ&ソケットを実装」しているっぽい)

20061214-2.jpg

 Windowsロゴの機器アイコンが見えるようになった。
やり方はWMPの設定の中にある共有化にチェックを付けるだけ。機器名の設定もそこで行えます。ちなみにDLNAクライアントとなるBRAVIAからは「音楽・映像・写真」の3種類としてアクセスするのだけど、その際表示される分類方法とかはカスタマイズできない模様。音楽はいいとして写真とかはどこで設定されたフォルダが公開されているのかわかりません。400個近いアルバムがずらーーっと出てきて探しづらいのも問題かなぁ。
 使い勝手の問題はあるとしても、TVの電源を入れるだけでリビングPCの音楽を聴けるのは(・∀・)/イイ!!

・FOMA F902isがポータブルプレーヤに

 今使ってるDoCoMoのF902isですが、ウリの一つに「MTPになる」があります。細かくはこちらを参照してもらうとして、要は他の携帯みたいに専用のソフトを使わなくても、Windows Media Playerで認識・転送が行えますよ、って事。OS再インストールの度にわざわざソフト入れなくて良いわけですな。

 ところがイミフなエラーで使えてなかったのは前に書いたんだけど、VistaのWMP10だと認識デキター

20061214-1.jpg

 ちゃんと普通のプレイヤーの様にライブラリのチェック、ファイルの転送ができます。これは便利・・・ これが出来るならF902isに使える2GB MiniSDを買ってウォークマンにする計画、なんてのも見えてくるね。

PCカテゴリの最新記事