足りない物

NO IMAGE

 ふと思った。
このBlogにはあるものがたりないと思った。

 筆者の日常的な愚痴である。
気持ちの公衆便所、と言ってしまえば言葉は悪いけどなかなか的を得た言葉だと思う。誰しも自分の気持ちを人に聞いてもらい事もある。共感してもらえるかどうかなんて二の次だ。そしてBlogはその吐き出し口としてかなり便利にできている。匿名性、そして「誰かが見てるかもしれない」という可能性。極端な話「誰かが見る可能性」さえあれば実際誰も見ていなくてもいい。そういった空間に自慰的に気持ちを吐き出す事で、まるで話を聞いてもらったかのような満足を得ることができるのだ。
 この文章もきっとそんなくだらない掃き溜め中のひとつ。

雑記カテゴリの最新記事