乱八装着

  • 2006.05.15
  • PC
乱八装着

 とりあえず素で装着してみる。
ホースの出口とビデオカードの口がかぶらなかったので配管の引き直しは免れたのでかなり楽でした。

img20060515[2].jpg

 メモリモジュールが一番したにきてCPUが上に上がったのはいいんだけどVRMが風の届かない左全面にきてしまったのが痛い。ふつうのATXケースならこれで電源下なんだろうけど・・・。VRMにはヒートシンクがついてるからどうにかあててやりたいんだけど・・・2個しかないPCIはサウンドカード(ONKYO SE80PCI)とIntel GbEで終了。使うことのないPCI-Expressばかりが余ります。

 一通り見て気づいたこと。
 全体的にコンデンサが多い。チップですませてないのは偉いと思いました。あとOCマザーらしくケース開放状態で使うことを考慮してかボード上にリセット・電源SWと、POSTの状態を表すLEDもついてます。あとは通常2.8VのDIMM電圧を最大4Vまでかけられるジャンパもあった。これは一部のOCメモリ(DDR500とか)用かな。指定ではDIMM2・DIMM4が優先スロットになっている。4枚さした場合はさすがに厳しいのか全部シングルバンクのものでないとDDR333MHz動作になる模様。オンボードのギガビットLANはnForceとMarvelで2個、それに俺はIntelの差してるから全部3個になったよ・・・もう1個増やせばハブにもなるな USBは6個あり、その他にマザーで4個のヘッダがあります。その代わりパラレル・シリアルのレガシーポートはありません。ヘッダて提供されるのみ。

PCカテゴリの最新記事