とある科学のなんとやら

NO IMAGE

(※この動画を見るにはニコニコ動画へのアカウント登録(無料)が必要です)

最近ニコ動でハマってるのが「ニコニコ技術部」タグ。

ニコニコ動画にはそれぞれの知識、特技を生かして驚きの動画を作り、視聴者に「これは才能の無駄遣い(讃辞)」と言わせる素晴らしくも下らないオモシロ動画が一杯あります。その中でも工学的・技術的知識をもって作られたモノにつくのが「ニコニコ技術部」タグ。

理系の人間ならこのタグの中身だけで一日はつぶせるんじゃないか、っていうぐらい興味深い動画が一杯あります。その中で自分がみた動画を少し紹介。

コンデンサ(キャパシタ)に貯めた電力でスチールウールなどの極細導電体をプラズマ化させ、磁場により発生したローレンツ力によって絶縁性のバレットを高速で打ち出すというもの。
くわしくはレールガン – Wikipediaを見て貰うとして、レールガンってばよく「宇宙で使われる未来の兵器(=男のロマン)」ってイメージだったのですが、こんな個人で打てるとはなぁw しかも単純にリニアモーターカーと同様に磁場を作って磁性体を打ち出すモノだと思ってました(それはコイルガンと言うらしい)。プラズマがマズルブラスト(でいいのかな?)となって吹き出す様は、リニアなんてクリーンイメージどころか大砲より重々しい。

「はちゅねミク小型化戦争」なるタグのついた動画で「識別できる範囲で一番小さなはちゅねミク」を載せてみました。
どうやらニコニコ技術部タグでは何らかの手段でちゅねミクにネギを振らせるのが入部条件らしく、この動画も「110ミクロンのはちゅねミクがなんとなくネギを振っている」様に見えます。ちなみに100ミクロン(μm)は髪の毛の直径。他動画では電圧をかけると変形する金属を使ってたりなどやりすぎ・・・

最後はシンプルに。
書いてないけどおそらくラジコン用のジェットエンジンで1発60万とかなんとか?? 実際坂を自力で飛ばす程度の速度らしいですが音がデンジャーw 愛すべきバカといった所でしょうか。

他にもPC-98のEPSON BASICで動かす初音ミクとか、MML書いてFM音源でIevan Polkkaとか色々あります。興味のある理系の方はニコニコ技術部タグまでどぞー

雑記カテゴリの最新記事