新マウスとじゃじゃ麺

新マウスとじゃじゃ麺

 いよいよ年度末となり、来年度の仕事の話もちらほら聞こえだした今日この頃。これからの予定でいくと少し出張が多くなり、MacBookの出番も増えそうだ。という事でUSBのFujitsuマウスに別れを告げてAppleのWireless Mighty Mouseを購入。
 Apple純正かつホイールではなく極小のスクロールボールを採用、というのがこのマウスの特徴だけど8900円はかなり高い。Bluetoothマウス自体が総じて高いのだけど・・・もうちょっとBluetoothの採用増やして安くならないものかね?

20080401-1.jpg

 Mac伝統のワンボタン式(でもタッチセンサにより右、左クリックを分けて認識できる)で使い慣れない所もあるけど、スクロールボールは横長画面の為スクロールが増えるMacBookにはかなり快適。転がすと「チチチチ」という小さな音をたてて上下左右に快適にスクロールできます。
 MacOSXで使用した場合、左右クリックの他にボールクリック、サイドボタンが使えます。ボールクリックはボースだけ押しても反応せず、ボールごと中央部をクリックすると反応。サイドボタンは左右を親指と中指でつまむ様に押し込むと反応しますが、結構強くつままないとダメなので操作性悪し。どうせならマウスを握ったまま親指と薬指で使える柔らかさにして欲しかった。あと各所に書かれていますが、左右のクリックもタッチセンサ判別なので、右クリックをしたい時は完全に左ボタン部から指を離さないとなりません。指をついてると両クリック(=左クリックと有線認識)と誤認します。いちいち人差し指を上げなくてはならないのが馴れるまで面倒。
 Windowsで使用した場合、OSの標準ドライバで動くので左右スクロールやボタンのカスタマイズができません。基本動作は問題ありません。しかになにより立ち上げ直すたびにBluetoothのペアリングが必要。ちゃんとした認識方法とかあれば知りたい。MacOSでの使用は快適なだけにWindowsドライバを俺も切望します。

 とりあえず家にまたAppleの12cm角な化粧箱が増えました。
 まさにAppleスパイラル。

 日曜日の夕食はラジオで聞いて行きたくなった「札幌じゃじゃ麺」へ。
 じゃじゃ麺とは中華料理のジャージャー麺に似ていますが、一応別モノ。岩手県盛岡市の三大名物麺(他に冷麺、わんこそば)の一つです。うどんの様なコシのある麺にひき肉、黒ごまなどの入ったかにミソ色の肉味噌をかけて食べます。盛岡では500円以下で学生にも気軽に食べれるファーストフードの様なポピュラーな存在。

 札幌じゃじゃ麺は豊平区役所のうらにひっそり^^;とありました。店内は広め。
 コレがメニューです。
20080401-b.jpg
 大盛り700円は高いですが、そんなに大盛りでもありません。少なめは大分少ないので女性やしょっぱいのが苦手な人にはいいかも。
 待つ事10分。じゃじゃ麺が運ばれてきました。
20080401-c.jpg
 おー まず見た目はあの盛岡のじゃじゃ麺です。美味しそう。

 味噌だけなめてみると・・・なんだかジャージャー麺の様な甘さが。酢とラー油をかけて食べると・・・麺がかなり柔い。なんというか、東北自動車道のSAでお土産用で売ってるじゃじゃ麺の麺です。味噌はそんなに悪く無いと思うけど、麺が残念すぎるというのが個人の感想。
 気を取り直して、じゃじゃ麺の最後の楽しみ、チータンへ。
 じゃじゃ麺は最後こまぎれになった麺や薬味を少し残しておきます。そこに追加のみそ、卵を割ってときほぐし、お店の人にスープを頼みます。これがチータン(スープ)です。ここのチータンは豚などでしっかりと味をとっているそうでそれは美味しかったですよ。

 ヤツ曰く、「しょうががチューブの物だ」だそうで。ショウガの苦手な俺には区別がつかなかったけど、食べる人はそういう所をちゃんと見てるよね(じゃじゃ麺でしょうがは結構大事なポジション)。そういう手抜きから人は離れて行くのに、残念な事です。盛岡の味を札幌で食べられる、数少ないお店なので期待と苦言を込めて「50点」と書いておきます(マズい訳ではない) きっと俺以外にも多くの岩手県人が盛岡を懐かしんでココに来たと思いますが、リピーターまでにはなってないんじゃ?

 とりあえず、またSAのじゃじゃ麺が食べたくなったらココに来ようと思います。

PCカテゴリの最新記事