優雅で怠惰な湖畔の暮らし

優雅で怠惰な湖畔の暮らし

GWを使って仲洞爺キャンプ場に2泊3日でいってきました。

内輪向け写真ですが貼っておきます。

カメラはすべてRICOHのGX200VF Kit。三脚無し。

Day 1

風が強く、湖面は海のように波立っていた。

やっと一息つけるくらい設営。

暮れゆく夕日。綺麗だ。ただし風は相変わらず強い。

風を避けてタープで鍋をいただく。暖かさがしみる。

星を撮ろうと頑張ったけど上手く撮れない。

しかもナゼかモノクロになってた。

Day 2

昨日とは変わって暖かな朝。

SLT(スパム・レタス・サンド)

このサンド、このキャンプ1番の美味しさだった。

キムンドの滝を見に行ったけど6月まで立ち入り禁止だった。

キムンドの湯にて。湯上がりといえばフルーツ牛乳。

昨日のIn時間になってくるとまた寒くなってくる。

今日も夕日は綺麗だ。

洞爺湖では毎夜、温泉街の方で花火が上げられる。

その音は洞爺湖のすべての場所で聞こえるが、見える花火はとても小さい。

Day 3

昨日よりも肌寒く、中島もすこし霞んでる。

朝ご飯はおにぎり・豚汁・焼き魚という日本の心。

お昼。決して前の写真から焼き続けた訳ではない。

また日が陰り、風が強くなってきた。

洞爺湖温泉に入り、洞爺湖町を後にする。

帰りは中山峠が激混みらしく、美笛峠経由で。

同じ道通るの嫌いなので支笏湖通れて良かった。

おわり。

カメラカテゴリの最新記事