Opteron OverClocking stage1

  • 2006.01.19
  • PC
NO IMAGE

 早速Opteronのオーバークロックを開始。
まず普通にFSBだけ上げていってみる。大体235MHzあたりで動作が不安定になるためそこでベンチをとってやめる。コアクロックは235×9=2115MHz。Athlon64の時もこのあたりで止まったので単純にメモリの限界(このときDDR470MHz動作中)かPCIバスまわりの限界かも(ディスクコントローラ含む)

 次はBIOSのMemClock設定をDDR200からDDR166に。HTTも1000MHzから800MHz設定に。これでメモリクロック=FSBx(166/200)になるので例えばFSBを240まであげてもメモリクロックは199.2とほぼ定格動作となる。

 昨日はこの調子でFSBを265まであげてみた。起動直後一度フリーズしたもののその後某MMOを3時間やっても大丈夫だった。このときのコアクロックは2385MHz。2chでは「165は2.5GHzで動けばあたりコア」と言われ、計算上そのその時のFSBは278MHz。あと130MHzが遠い。CPUへの活入れは+0.5Vまでに押さえたいなぁ・・・

PCカテゴリの最新記事