iPod Touchでサイトコピーを持ち歩く

NO IMAGE

 自分的メモ

 FireFoxのScrapBook-Pluginなどで取得したサイトファイル一式をiPod Touchに入れて持ち歩き、ローカルでブラウズする。

 Install.appのNetwork Categoryからlighttpdをインストール。とうとうTouchにWebサーバまで・・・ ファイルパスをいちいち手打ちするのが面倒なのでlighttpd.confに変更を加える。

touchのlighttpdでものぐさにdirectory-listing


  1. /usr/local/etc/lighttpd.conf に以下の行を追加します
    server.dir-listing = “enable”
  2. lighttpd再起動します。iPhone/iPod touch自体を再起動すればO.K.
  3. /var/root/Sites/index.htmlを消すか適当な名前にリネームしておきます
  4. /var/root/Sites/ 以下に適当にディレクトリを掘るなり、ファイルを置くなりします
  5. SafariURLに127.0.0.1と入力

 TouchにSSH接続してvi(vim)でエディットしようとしたけどうまくいかず。ちなみにFirm 1.1.2のSSHログイン名はroot,パスワードはalpine。
 仕方ないのでWinSCPでSCP接続しファイルをダウンロード>エディット>アップロード。SCPのアカウントも同上です。

 後は/var/root/Sites/に読みたいサイトのデータ(HTML,画像等)を入れ、Safariからhttp://127.0.0.1/にアクセス。出てきたフォルダ一覧から.htmlを開けばOK

iPhoneカテゴリの最新記事