[2019年度版] AirDOのチケットをApple Walletに登録する2つの方法

[2019年度版] AirDOのチケットをApple Walletに登録する2つの方法

会社で手配してもらったAirDoのチケットがiPhoneのApple Walletに登録できない。
その原因と対策2つを調べたので残しておきます。

“Apple Walletに追加”が出てこない

前は問題が無かった(気がしてる)のに、最近予約ページを見ても「Apple Walletに追加」が出てこない。
最初はAIRDO Bizで会社手配したから??なんて思ったけど、帰省用に個人で手配した前にも確か困ったような・・・。

iPhoneユーザーとしては出来る限りApple Walletで搭乗したい。
iPhoneは”写真”アプリでバーコードを表示しても、登場時に近づけるとNFCが働いて別の画面に変わってしまうんですよね。これがまたもどかしい。
最悪忙しいスタッフの方1名に時間を割いてもらい紙チケット発行、なんて事になります。

Safariで開く

この記事を書いている最中に気づいたんですが、根本原因は「GoogleのChromeで開いてるから」でした。
ChromeではMy AirDoにログインして2次元バーコード表示画面まで開いても何も出ません。

Walletを呼び出すリンクはiOSローカルな物らしく、Chromeでは処理できずエラーとなります。それを避けるためブラウザをチェックして表示させていないようです。

なのでiOS純正であるSafariで開けば、ちゃんと「Apple Walletに追加」が表示されます。

LINEという手もある

別の手として、LINEを使うという手があります。
というより元々この方法だけ紹介するつもりでした。

LINEのAirDoアカウントをフォローし、トークを開くと現れる[予約照会&二次元バーコードの取得]を選びます。

そこで搭乗の日付、便名、予約番号、名前を入力(面倒くさい!)すると、トークにチケット画像が表示されます。

その下にある[2次元バーコードはこちら]をタップすると、ようやく「Apple Walletに登録」ボタンが表示されます。

Wallet登録は1便づつしかされないので、帰りの便の登録忘れに注意。

AirDo悪くなかった!

この問題はJALでも同様らしいので、AirDoが悪いわけじゃなかった。

iPhoneで飛行機チケットの確認をするときはSafariが一番、という事ですね。

カテゴリの最新記事