従量制課金接続を設定してWindowsUpdateの勝手な通信を抑える

従量制課金接続を設定してWindowsUpdateの勝手な通信を抑える

欲しいと思っていた機能が実はあったというお話です。

GPD PocketをWi-Fiルータやテザリングで使う時、知らない間にWindowsUpdateが大量のアップデートを落とし、パケットが大量消費されていることがままあります。
それを嫌ってWindowsUpdateServiceを切ったりしてたんですが、もっと簡単な方法がありました。

従量制課金接続をオンにする

[設定]>[ネットワークとインターネット]>[Wi-Fi]>[既知のネットワークの管理]から、制限したい接続情報を選び、[プロパティ]を押します。

「この接続はパケットに応じてお金がかかる」ということになり、WindowsUpdateの巨大なダウンロードは行われなくなります。といっても重要アップデートはコレでも入ってくるそうで、完全に停止させることが出来るわけではないみたい。

他にOneDriveの同期なども確認が間にはいるようになるそうです。

常時Onにはできない

むしろこの機能、全ての無線接続で基本ONにして欲しいくらい。
でもそこは常に最新にアップさせたい(Windowsのアプデ不足による問題を避けたい)Microsoftの思惑と反するのか、できないようです。

ASCII.jp:Windows 10でOneDriveの同期をしなくなる従量制課金接続を設定する|Windows Info

無線において「この接続は従量制課金接続かどうか」というのは以下のレジストリに持っています。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WlanSvc\Interfaces\{NICの内部ID}\Profiles

ここの下にID化されたSSID(無線接続プロファイル)がずらっとならび、さらにその各SSIDの中にあるバイナリ値

User Cost=02 00 00 00 02 00 00 00

によって制御されます。

この値のコピー元みたいになるキーがどこかにあれば実現できそうだったけど、見当たりません。おそらく制御している無線LANサービスが書き込むのでしょう。
単純なマスター値の書き換えならreg addでコントロールができて都合が良かったのですけどね。

とりあえず、自分に金銭的影響の出るWi-Fiにつなぐ時は毎回従量制課金接続をOnにしましょう。

PCカテゴリの最新記事