Hitachi vs Seagete

  • 2007.08.06
  • PC
NO IMAGE

 えー、壊れたHDDをサクッとあきらめHDDを買い直しました。いいのか俺。

 

 今回は以前買うときにDeskstar T7K500と迷ったSeagete Barracuda 7200.10の320GBを2本。HGSTは予想外にアクセス音が大きかったためにSeageteには期待が高まります。垂直磁気記録方式というのもなんだか速そうだし。早速つないでみる。音は明らかにHGSTより耳につかない「ジリジリ」と「ココココ」の間くらいの音。音域が低い感じです。

 そして期待のベンチマーク。

 

 ってか遅!!?

HD Tune: NVIDIA  STRIPE   596.18G Benchmark

Transfer Rate Minimum : 51.1 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 67.9 MB/sec
Transfer Rate Average : 62.5 MB/sec
Access Time           : 12.9 ms
Burst Rate            : 137.3 MB/sec
CPU Usage             : 6.9%

 以前のHGSTと比べると圧倒的に遅いです。ただどちらかというと以前の友人A,Bに近い。それとも前がおかしくてこれが本当なのか・・・?でも使ってみると明らかに遅くなったし、前の値もあながちウソじゃなさそう。NVRAIDとHGSTの相性がいい、とかそんな理由なのか(昔なら追求するけど今はそんな時間と気力が(;´Д`)

 とりあえず長いものにはまかれろ、で使ってればそのうち慣れるでしょう。

 

 あと全然関係ありませんが。

w52sを落としてガラス面が割れましたhhhhh!!

えーと、これ買ったの何時でしたっけ? もう機種変したい・・・・。・゚・(ノД`)

PCカテゴリの最新記事