なんでも自分で選べる変態キーボード「Ergodox EZ」をポチりました

なんでも自分で選べる変態キーボード「Ergodox EZ」をポチりました

今から届くのが楽しみなキーボード「Ergodox EZ」をオーダーしました。円高だし、グラボなどを売って得たお金をPCへ還元するぞ!ってことで。

Ergodoxとは

EZの前にErgodoxとは。
よく「オープンソースなキーボード」と紹介されています。

(写真はすべてErgoDox EZから拝借)

特徴的な外観も魅力の一つですが、一番の特徴はすべての情報が公開されていて、自分で変更・制作ができる点。スイッチもキートップも好きに組み合わせられるし、なんなら基盤やケースだって公開のデータで自作できます。
パーツをバラバラに販売しているサイトもあり、自分ではんだ付けして組み立てることも可能。

prestashop | FalbaTech

でも「なんでも自由」と言われると途端に敷居が高くなるので、これをイージーオーダーみたいな完成品販売しているのが今回買ったサイト「ErgoDox EZ: An Incredible Mechanical Ergonomic Keyboard」。

2C3K13S

注文はサイトの「Buy Now」を選ぶとグラフィカルにカスタマイズ内容を確認できます。

ワクワクする画面ですね!

基本セットは2カラーx3キーキャップx13キースイッチから組み合わせを選択。
それにチルト足、リストパッド、ムードライト、キーバックライトの有無が選べます。

Shine(キーボード裏のライティング)とGlow(バックライトキー)は排他設定。

キーは追加料金でさらにマニアックなモデルを選ぶ事もできました。
Ergodox EZの基盤は後からキースイッチが交換しやすいCIYというソケットを採用しています。

マイオーダー

カラーを最後まで迷ったけど、このセットに決めました!

  • ボディ:White
  • Tilt Kit:有り(White)
  • パームレスト:有り(White)
  • ライティング:Glow=バックライトキー
  • キースイッチ:Kailh Copper

バックライトを選ぶとキートップは1種類のみ。キースイッチは6種類に限定されました。

スイッチはKinesisと同じCherry MX Brownではなく、同じタクタイル・ノークリックなKailh Copperにチャレンジ。Kailhはスピードスイッチと呼ばれる、押し始めですぐOnになるタイプでゲームなどに向くそうな。気に入らなかったら交換します!

$354

オーダーはトータル$354になりました。台湾からの送料込みの価格です。

決済はクレカ払いかGoogle Pay払いが選べたため、Master Cardを登録してあるGoogle Payで支払い。
朝のニュースで「$1=106.5円」の日にポチ った結果、クレカ明細では$1=108.2円、合計38,297円で決算されました。数日円相場に大きな変動はなかったため、大まかに1.5%くらいクレカの手数料があるという事でしょう。

そして今日、マイキーボードがメーカーから出荷され、輸送会社の手に渡ったとメールが来ました。
到着の日を正座して待ちたいと思います。

PCカテゴリの最新記事