今年もお世話になりました。2021年買って良かったもの悪かったもの

今年もお世話になりました。2021年買って良かったもの悪かったもの

今年もやってまいりました買って良かったもの悪かったもの(まとめタグ)
結構「何買ったかなー?」って読み返すの好きなんです。

というわけで買い物から2021年を思い出しながら振り返ろうと思います。

良かったもの

第一位 Xiaomi Mi スマートバンド6

最新作Xiaomi Mi Band 6は5ユーザーにも買い替えメリットはあるのか

日々使っていて便利で、コスパも1番だったのはMi スマートバンド 6

2021年はいってすぐBand5を買ったにもかかわらず、即6を買っちゃいました。夫婦二人分も。
身につけて気にならない軽さ&大きさ。そして破損や盗難に気を使わなくていい低価格。

画面が大きく鮮やかになり充電頻度は上がったけれど、それでも一週間くらいは保ちます。
置き場兼用の充電台を作ってからは、風呂の間に充電されるのでストレスがありません。

コロナ禍で注目のSpO2も測れるようになりました。
ただAndroidに比べ、Appleでは「アプリの準備ができてない」と言われ同期切れする事が時々あるようです。

第二位 4PC HDMI切替器

リモコンがナイスな4PC HDMI切替器でテレワークPCでも理想の環境を整える

この名もなきPC切替器が今年の第二位。
テレワークが常態化した今、「いやー、ホント便利」といいたくなるデバイスです。

小さなボディに4ポートのUSB/フルサイズHDMI(4K-60Hz対応)入力端子と前面のセレクトスイッチ、接続有無を知らせるUSB/HDMI LEDまで備えます。
さらに選択中のデバイスとつながる共有USBポートが3つ、PS/2 KB変換機能も。

何より便利なのがリモコンスイッチ。
「押すごとに切り替わる1ボタン」じゃなくて「PCの数だけボタンもLEDもついてるリモコン」なんて唯一なのでは?
今どれを選んでいるのかが明確。そして切替器本体は見なくていいため、ディスプレイ裏に隠せて机の上がスッキリします。

第三位 エスプレッソマシン用DIY PIDコントローラ

エスプレッソマシンRancilio Silviaの改造まとめ(PID制御追加)

エスプレッソマシンRANCILIO SILVIAに自分でつけたPID制御(コントローラ)が第三位。
Aliexpressでパーツを集めて作ったので、かなり割安に出来上がりました。

細かく加熱パラメータを指定できるのは純正PIDモデルにも無い機能です。
またボイラーの温度計にもなるので、温度による抽出の変化を楽しむ事もできます。

ちなみにラテアートは未だにエクトプラズムみたいな仕上がり。

次点 スリックタイヤ

View this post on Instagram

A post shared by ぶっちー (@guys_dolls)

変えた瞬間「今年のベストバイだ!」と思ったほどの劇的効果があったスリックタイヤを次点に推します。

SCHWALBEのマラソンという耐久力重視のタイヤからの交換です。
漕ぎ出した瞬間、脚力が上がった!?と錯覚するほどの軽い漕ぎ味。ロードノイズもかなり減りました。心配だったパンクもワンシーズンノートラブルで乗り切りました

濡れた路面は心配なので、そこは気をつけて走るようにしてます。側溝の蓋なども。

次点 700円ドアセンサ

700円で買ったドアセンサーがAlexaとの相性ぴったりで大満足

Alexa環境で理想の動作をしてくれて700円と格安だったドアセンサも次点。
帰宅時のアクションのトリガーに使用しています。

この値段でバッテリーアラームや取り外し警告ついてるのすごくない?

悪かったもの

なんだか今年は割と簡単にワースト候補が出揃いました。
珍しい事です。

第一位 色々たりないSiMPNICスマートホームセット

コストコで処分価格だったSiMPNiCのスマートホームセットが意外と使える

最終的にはベタなスマートコンセントしか使わなくなったスマートホームセットが今年のワースト。

ハードの作りは悪くないのだけど、ソフト面がプアすぎた。
OFF/ONではなくトグルでしか指示が出せないスイッチ。テレビの学習もできず、リモコン画面にも難のある赤外線コントローラ。そして配色が悪く見づらいアプリ。

サポートは丁寧だったけど、直らない所見るともう放置なんでしょうね。
コストコでは最終値引きされて1,777円になっています。

第二位 PCIeに影響が大きい10G NIC

実効速度9.6Gbps。最安ラインで10GbEネットワークを組む(一部犠牲有り)

家庭内10G LANのために買ったPCIe 10G NICを第二位にします。
仕様通り動いているのだけど、これには大分苦労しました。

もとがサーバ用のため、PCIe 2.0 x8レーンという特別なスロットを要求します。
こんなのグラボ用のスロットしかありません。
高級品なX570 M/Bなら2枚目用スロットが使えるけれど、メインのグラボがx8に落ちました。
安価なB550 M/BはNICをx16に刺すと、グラボをx1動作させるしかありません。
自分のバス幅への警戒が足りなかったと後悔しているところです。

計算上PCIe4.0ならx1でも間に合うため、早く安価な対応カードが出てくれませんかね。

第三位 Lenovoの重量級アンドロイドタブレット

最新Androidタブレット”Lenovo Yoga Tab 13”とiPad Pro 12.9の大画面タブレット対決

13インチのディスプレイを持ち玉石混交といった感じのLenovo YogaTab 13が第三位。
大きい画面、リッチなサウンドという点は素晴らしいです。iPad Pro 12.9より大分お手頃だし。

ただやっぱり重い。横になっての使用は落下要注意です。鉄板が落ちてくるレベル。
そして画面にタッチしても表示がONにならないのは不便。横にある小さなスイッチに毎回手を伸ばして、そこからは顔認証っておかしくないですか?

Aliexpressがアプリでもブラウザでも表示崩れて使い物にならない。のはまあいいか・・・

総評

他にもiPad miniやらゲーミングノートやらSONYのノイキャンとかも買いました。
Karakoramのバインなんかも買ってます。
でもまあ高いものが良いのは当然で面白くないので割愛。満足度的にも「やっぱりちゃんとしてるなぁ」という感想ですし。

本年もありがとうございました。
昨年末の願いも虚しくコロナが息を吹き返しつつあります。
みなさま外出の際は注意をして、良い年明けをお迎えください。


雑記カテゴリの最新記事