Windows10のマスターPCにおけるSysprepが失敗する3つの理由

Windows10のマスターPCにおけるSysprepが失敗する3つの理由

Windows7の正式サポートも残すところあと4ヶ月を切りました。
最近Win7→Win10への移行に絡んでか、「Sysprep」というフレーズが入った記事に多くのアクセスが来ているようです。

そこでそれなりの数のWindows10をマスター化=Sysprepした経験での、失敗談をトップ3に絞って挙げてみたいと思います。画像はない。

第一位 UWPアプリが残っている

Microsoftのフワフワっぷりの産物「UWPアプリとSysprepの不整合」がダントツの原因第一位です。
スタートタイルに並ぶ今風のWindows10アプリ=UWPアプリは入っているだけでSysprepの邪魔をします。そもそも邪魔をする原因を解消できないMSが悪いんですが。

Sysprepが失敗した際は./sysprep/partner配下にできるsetuperr.txtにそれらしいことが書かれるのですぐ分かります。

Ver.1511のあたりから、Enterpriseにしか効果のない「Microsoft コンシューマー エクスペリエンスを切れば大丈夫」みたいな話がふえました。しかし地方でそんな高価なOSを使う案件はほとんどありません。

対策

「UWPアプリ」を諦める、が一番。
これが嫌ならクローニング後に個別にWindows Storeを復活させてインストールする他無いと思っています。

実際の作業はWindowsUpdateを最新まで当てた後、PowerShellで一気にUWPアプリを削除、プロビジョニングパッケージも全削除します。これをやらないと作業用アカウントはきれいになっても、他のユーザーを作った時点でワラワラと湧いてきます。
またUWPの流入元となるMicrosoft Storeを無効化する必要があります。

アンインストールコマンドを投げてもスタートタイルにはいくつかのアプリが残りますが、それは個別に右クリックからアンインストールを選べばSysprepを阻害しません(Ver.1809にて検証済み)

第二位 BitLockerがOnになっている

これは特にノートPCなど、TPMチップを搭載したPCへWindows10をクリーンインストールした際に起きます。特段有効化しなくても「準備しています」といって勝手にOnになるので。

これもsetuperr.txtにそれらしいフレーズが出るので判別は容易です。

対策

BitLockerの機能を無効化します。コマンドラインで以下のコマンドを実行します(ドライブの数だけ)

manage-bde -off c:

最近のSSDであればプレインストール状態から暗号化解除には数分しか掛かりません。解除の進行状況は設定を開いてBitlockerで検索すると昔ながらの管理画面が開けて確認できます。

第三位 ウィルス対策ソフトなど

ウィルス対策ソフトに内包される、リアルタイム保護(検出)系のモジュールがエラーの原因となることで起きます。
Sysprep直後の処理を無事にパスして一安心したら、再起動後のOOBEにて「コンピュータを構成できません」とか掴みどころのないメッセージと共に再起動ループに入ったります。

この系統の失敗はsetuperr.logに載らず、ヒントがないため本当にわかりません。このまま直らないんじゃないか?と思えてゾッとします。

対策

原因が確定できない以上、明確な対策はありません。
ただOOBEのステップでコケることがあったら、ウィルス対策系やイメージを固める系のソフトは、一度アンインストールして試すのが良いでしょう。
それでもだめならMS系Adobe系以外の実績の無いソフトとから消してトライアンドエラーするくらいしか思いつきません。

というわけで

走り書き程度ですが、思いついたネタをまとめてみました。
上記以外にも「IEのプロキシを無効化したらOOBEでコケなくなった」とか「Sysprep時に参照するレジストリ(失念)を上書きしたら直った」なんてレアケースもあり、本当「Sysprepを殺して私も死ぬわ!」とか割と本気で思ったり。

冒頭に書いたとおりシステムの移行期間も残りわずか。みなさんの躓きが少しでも解消できれば幸いです。

PCカテゴリの最新記事