117-201: LPI Level 2 Exam 201 (ver3.5) & 117-202: LPI Level 2 Exam 202 (ver4.0)

117-201: LPI Level 2 Exam 201 (ver3.5) & 117-202: LPI Level 2 Exam 202 (ver4.0)

久しぶりの受験記です。201(ver3.5)を受かってから悠久の時が過ぎ、とうとうバージョンが変わってしまいました。

資格内容

LPICレベル2試験概要: LPI-Japan


LPICレベル2は、「アドバンストレベルLinux専門家」を認定する資格試験です。

LPICレベル2では、以下のLinuxを使用したシステム管理やサーバ構築についての技術的なスキル指標を確認できます。
■ Linuxシステムの企画、導入、維持、トラブルシューティングができる。
■ カーネルからネットワークに関する事まで、構築・管理・修正ができる。

LPICレベル2に認定された方は、上記項目のような、1ランク上のLinuxエンジニアとしての実力を証明でき、Linuxシステムの設計、構築、運用などの実務において、即戦力として活躍することができます。
また、お客様に対してはLinuxの知識を持つエンジニアとしての裏付けになります。

20130409-01

Lv1と同じく、201と202の二本立て。さすがに一気に二つ受ける気にはなりませんでした。

受験項目

テンプレートは某試験体験サイトから拝借

117-201: LPI Level 2 Exam 201 (ver3.5)

受 験 日 : 2013/07/27
合  否 : 合格
受験科目 : 117-201
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 640
合 格 点 : 500点(たぶん800点満点)
問 題 数 : 60
出題形式 : 複数選択,記述式有り
試験時間 : 90分
勉強期間 : 通勤時のみが一ヶ月、帰宅後もやったのは4日
受験目的 : 社内でのキャリアアップ
勉強形態 : 試験サイトのみ
実務経験 : チームメンバー
勉強前のレベル : IT関係者
何度目の挑戦か : 1回目

117-202: LPI Level 2 Exam 202 (ver4.0)

受 験 日 : 2014/04/09
合  否 : 合格
受験科目 : 117-202
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 560点
合 格 点 : 500点(たぶん800点満点)
問 題 数 : 60
出題形式 : 複数選択,記述式有り
試験時間 : 90分
勉強期間 : 20問/日ペースで問題集4ヶ月、集中3日
受験目的 : 社内でのキャリアアップ
勉強形態 : 試験サイトのみ
実務経験 : チームメンバー
勉強前のレベル : IT関係者
何度目の挑戦か : 1回目

【 使用教材 】

  1. Pingーt:最強WEB問題集LPIC Lv2-201 (Ver3.5)
  2. Pingーt:コマ問プレミアムLPIC Lv2-201(Ver3.5)
  3. Pingーt:最強WEB問題集LPIC Lv2-202 (Ver3.5&4.0)
  4. Pingーt:コマ問プレミアムLPIC Lv2-201(Ver3.5&4.0)

【 勉強方法 】

他参考書などを一切用意せず、ひたすらPing-tのみ。

最強WEB問題集を通勤電車で毎日片道10問づつ。銅の時は回答に書いてある参考を全文読む。銀になってからは間違えた時だけ再度読む。これで全部を金にするまで思いの外時間がかかった。

202はver3.5で全部金にした時点でver4.0にバージョンアップ。さらに追加となったOpenLDAP,DNS,Nginxなどを追加学習。それも終わったらコマ問プレミアムを0.8周?くらい実施。このあたりで他の人の試験体験談を読んでOpenLDAP、DNSをさらに重点的にコマ問で実施。

感想と出題傾向

117-201: LPI Level 2 Exam 201 (ver3.5)

censored

117-202: LPI Level 2 Exam 202 (ver4.0)

本当に800点満点なの!?と目を覆いたくなります。辛勝。このあたりになると日常業務で触るか実機構築をしてないと難しい。試験体験談でも実際に各サービスを構築して勉強をした人が多いみたいです。

それでもPing-tだけにしたのは時間的問題と、有効性が?なLPICの本をわざわざ買いたく無かった為。結局高くつきましたが。

問題は前情報通りやっぱりOpenLDAPが多い(約10問)。Ping-t問題集に多いldapsearchを使った問題は一つもナシ。BINDも比率としては確かに多く、6問ほど出ていたので気がします。こんなん出るのか?と思っていたその他DNSについても1問(他のDNSサービスとしては何が挙げられるか?→djbDNS、dnsmasq)出ました。
nginxは3問ほど。Ping-tにはない「リバースプロキシで動作させる〜」という書き出しが多く引っかかり、結局同じことと気付くのに少しかかりました。iptables関連は予想より多く7問位ありました。ipv6用のiptablesはどれか?とか。

筆記はあまりないと試験体験談で読んでコマ問を捨てましたが、終わってみれば5問位はそこから出た気がします(postfixの設定ファイルフルパス,changetype,DenyUsers,ldappasswd,など)。反面「SSLCertificationKeyFilesをフルで書かせて大文字小文字の筆記を問う」とか前時代的な設問はありませんでした。
コマ問は問題集をやり切ったのちの、さらに問題数を広げる点では効果があると思います(大文字小文字を間違えたからと発狂して覚える必要はありません)

だらだら書きましたが、総じて感じたことは

  1. 結構Ping-tから出てる。感じ的には80%くらい
  2. 問題集の各分野比率と実際の出題割合は似ている

という事。8割出ていて7割正解だから、これが「Ping-tのみでの学習」の(自分の)限界なのかもしれません(実務とLPICの中身がオーバーラップしていません)。LPICは学習の課程に意味があるのでしょうから、確かな使える知識を身につけたい方は、書籍でしっかりと自分の引き出しにしまいましょう。

Linux教科書 LPICレベル2 第4版Linux教科書 LPICレベル2 第4版
中島能和 リナックスアカデミー 濱野賢一朗 

翔泳社 2012-10-25
売り上げランキング : 13496

Amazonで詳しく見る by G-Tools

多くの人が基礎勉強に使った、と書いている通称「あずき本」。ver3.5だけどKindle版が出ています。通勤電車にくそ重くて分厚い参考書を持ち込まずに済み、学習が捗ります。自分も1日の中で勉強の時間なんて通勤中しか無く、Ping-tはずっとiPad miniでやってました。

徹底攻略LPI問題集Level2[Ver 4.0]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)徹底攻略LPI問題集Level2[Ver 4.0]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
中島 能和 株式会社ソキウス・ジャパン 

インプレスジャパン 2014-04-04
売り上げランキング : 131184

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらはver4.0対応版の問題集。これもやればさすがに見たことがない問題も無くなるのでは。

雑記カテゴリの最新記事