物理Fedoraから仮想CentOSへ

NO IMAGE

今まで録画・試聴をするLivingServerと、徒労日記のWordPressサーバは別にしていました。でも結局LivingServerは電気つけっぱなしだし2台とも常時通電は勿体ないと。

そこで物理的にサーバを1台に集約します。LivingServerはWindows7なので、仮想OSでLinuxを走らせてそこに引っ越します。

仮想サーバ構築

物理サーバはFedora 12。引っ越し後の仮想サーバはCentOS 5.5を使います。仮想化ソフトは無料のVMware Player 3.1.1を使用。メインPCにもインストールして、LivingServerメンテナンス時にはマイグレーションして公開を継続したいと思います。。
ちなみに当初”VMware vCenter Converter“でP2Vを試しましたが、ESXiにしか吐き出せないそうです。/(^o^)\ナンテコッタイ 結局1から作ってます。

1.HDDは20GB、メモリはGUIを切るので512MB。ディスプレイは小さめ(1028×768)を指定。ネットワークはブリッジにする。

2.CDドライブにCentOSのCentOS-5.5-i386-bin-DVD.isoを指定します。ただしそのまま進めると勝手に「簡易インストール」が走ってしまうので、、「後でインストールをする」を選びます。簡易で進めるとラクですが、/が異様に小さくなってしまいpublic_htmlの容量不足に悩みます。あとは手動でセットアップ。デフォでセットアップすると/に全容量が割当たります。

3.ネットワークの設定で固定IP(ただし仮IP。旧サーバを止めてから戻す)を指定。SELinuxはDisable。言語は日本語を選ぶと一部の文字が化けて読めないのでEnglishで。FireWallも使用するプロトコルはチェックをつけて解放。

CentOSセットアップ

1.Sudoを利用可能に。/etc/sudoersに

username ALL=(ALL)ALL

を追加。

2.サーバモジュールを入れます

# yum update
# yum install httpd       /* 最新のapacheが入ります */
# yum install mysql-server       /* 同mysql */
# yum install php php-mbstring php-mysql php-gd
# yum install vsftpd

3.SELinuxの無効化(手動インストールすればセットアップ時選べる)

#vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

4.ランレベルをCLI(Level:3)に落とす

#vi /etc/inittab
id:3:initdefault:

5.chkconfigにてhttpd,mysqldを自動起動

/sbin/chkconfig --list
/sbin/chkconfig mysqld on
/sbin/chkconfig httpd on
/sbin/chkconfig vsftpd on

で自動起動有効化

6.mysqlのrootパスワード設定

#mysql -u root -p
mysql>SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('password');

7.データベースの作成
USB Ubuntu 9.40でつくるWordPressサーバ | 徒労日記 参照。

8.以下のファイルを旧サーバよりコピー

  1. /etc/vsftpd の配下全て
  2. /etc/my.cnf
  3. /etc/httpd/conf/httpd.conf
  4. /var/www の配下全て
  5. mysqldump -u root -p –all-databases > dump.sql ではき出したもの

※wwwのコピーは”tar cvzf public_html.tar.gz /var/www”で固めた方が展開時構成が引き継がれて良い。ファイル転送はUSBとかマウントが面倒なので、LivingServerのホストOS(CIFS)を使って#smbclient //servername/sharefolder等で移した方がラク。使い方はFTPと一緒。

9.サービスを一つづつ上げてテスト

/etc/init.d/httpd start
/etc/init.d/mysqld start
/etc/init.d/vsftpd start

10.旧サーバを変更して止める。

#vi /etc/sysconfig/network
#vi /etc/syscofig/network-scripts/ifcfg-eth0
#/etc/rc.d/init.d/network     /* すぐIPが変わらない場合実行 */

11.新サーバを変更してリブート

#vi /etc/sysconfig/network
#vi /etc/syscofig/network-scripts/ifcfg-eth0
#reboot

無事動いた

コレで全部動いたはず。試しにメインPCにファイルをコピーして実行してもちゃんとサービス開始(外からアクセス)できました。サーバのコールドスタンバイもできて安心安心。

ベンチマーク(AB)もやってみたらメモリリークがひどくてはかれませんでした。体感スピードはそんなに変わらない感じ。

スタートアップでゲストOSを起動する場合は

“C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Player\vmplayer.exe” “D:\VM\CentOS-xxxx.vmx”

のショートカットを作ります。

さて、余ったIONで何しようかね~♪

PCカテゴリの最新記事