ピルスナーウルケル ~下戸が飲んでも旨いのか~

ピルスナーウルケル ~下戸が飲んでも旨いのか~

こんばんわ。お酒の弱さに定評のあるぶっちーです。
弱いというか、体質的にもう分解できないっぽい。飲んだ後は絶対眠くなるペルソナノングラータ。

そんな私でも、かねてから一度は飲んでみたいと思うお酒がありました。チェコのビール、「ピルスナー・ウルケル(Wikipedia)」です。

どうせ予想されるので白状してしまうと、もやしもんの8巻を見て飲んでみたくなりました。名前からして「元祖ピルスナー」という物ですから、これからの基準として飲んでみたいと素直に思ったわけです。
そう思ったのは札幌に居た時でしたが、通販でしか手に入らず二の足を踏んでいました。それが東京に来たことによって、店頭売りしてるスーパー「成城石井」で手に入りました。ちなみに新宿店で1本399円。

結論から言うと「美味しいけど、そこまでの違いは無いよね」

確かに口当たりまろやか。「いかにもアルコール」と行ったどぎつさが無く(これが自分がビールを苦手な理由)、軽い感じさえします。ただビールとしての根幹はそう変わる物では無かったな、とい思いました。色は通常の琥珀色。苦みは少なめ。

 

もやしもん(8) (イブニングKC) もやしもん(8) (イブニングKC)
石川 雅之

講談社 2009-07-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

雑記カテゴリの最新記事