デジ一のボケをiPhoneで出すBig Lensを買いました

デジ一のボケをiPhoneで出すBig Lensを買いました

久しぶりにiPhoneアプリを「買い」ました。デジタル一眼レフ&単焦点レンズでしか出すのが難しいあの「ぼけ」をiPhoneで作れるアプリです。
Big Lens
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル

この手の機能はTiltShiftGeneratorInstagramにもありますが、円又は真四角など決まった領域以外をぼかせるだけ。このBig Lensは浮き上がらせたい被写体を細かく指定できるほか、ぼかし具合なども調節できるため、よりデジ一での撮影に近い結果ができました。

試しにやってみます。モデルはタチコマ完成 | 徒労日記で作ったタチコマ君。今見たらKinesisも写っててまだ白Essensialだ・・・

この写真を読み込んで、詳細モードで残す範囲を指定します。簡易モードだと他のソフトみたいに円や四角で残す範囲を指定できます。

指先でまず適当にぐぐーっと塗ったら、「自動」をタップ。すると自動で輪郭を切り抜いてくれるので、さらに間違ってた所を手で直せばOK.

次の画面でぼかしの調整。フィルターの様にぼかしをマークの形にしたり。これ、夜景のぼかしにつかったら効果ありそう?

 実際の単焦点レンズの様に絞り(=ぼかし具合)を調整したりできます。このぼかし具合を細かく調整できるツールは自分は初めて。さらにこの画面で細かなぼかし領域の調整もできるので操作性もGood.

Instagramみたいにフィルタもあるのでそれこれいじって作ったのがこの写真。

 まるっきり同じ、とはいかなくてもいいボケ具合が出てるじゃないですか。デジ一だと大変なエフェクトのあわせがけもiPhoneだから簡単。
自分は食べ物を撮るのが好きなんですが、格好良くとるにはやっぱりデジ一のぼけが欲しいなと単焦点をくっつけて持ち歩いてます。でもお店じゃ出しづらいのよね。このアプリならいろいろ楽しめそう。

iPhoneカテゴリの最新記事