デジタルアンプ付き雑誌 DegiFi No.7が届いた

デジタルアンプ付き雑誌 DegiFi No.7が届いた

大分前にAmazonにオーダーしていたDigiFi No.7が届きました。なんと雑誌におまけとしてデジタルアンプが付いてきます。

すでにAmazonでは売り切れていますが、一般の店頭でまだ販売があるようです。アキバ系ニュースにも載ってました。

USB DAC付アンプが付録 DigiFi No.7 「パソコンがハイクオリティステレオに!」 – アキバBlog

雑誌部は162Pで、内容DACやヘッドフォンなどデスクトップサイズのオーディオ機器が大半をしめます。

後半3/4をしめるデジタルアンプはこんな感じで入ってます。USB DACだからとポチったつもりが、実際はデジタルアンプでした/(^o^)\ナンテコッタイ。今の仮住まいにはスピーカーが無い為、視聴できるのはしばらく後になりそう。

実際のアンプはこんな感じ。なんとアンプでありながら完全バスパワー(USBポートからのみの電圧で動作)という構成。

USB→アナログAUDIOに変換するDAC部は定番のバーブラウンPCM2704(現在無印はディスコンとなり、PCM2704Cへ移行しているようです)

PCM2704C (ACTIVE):98dB SNR Stereo Full Speed DAC with line-out & S/PDIF output, Bus/Self-powered (Ext. ROM Interface)

デジタルアンプ部はTexas InstrumentsのTPA3110D2。

TPA3110D2 (ACTIVE) 15W Filter-Free Class D Stereo Amplifier with SpeakerGuard™ (TPA3110)

AB級のTPA1517は愛用していますが、TIのデジタルアンプは初めて。どんな音がするのか楽しみです。最低駆動電圧は8Vらしいので、どこかで昇圧しているっぽい。OUT側の+-共に同じ様なフィルタが入ってるのはフェライト・ビーズ・フィルタという物なんでしょうか。未知の領域です。
ひときわ目立つ6800uFのコンデンサはパスコンとしてVccとGNDの間に入っています。

本誌規格では、このアンプを使って5~10万円程度のスピーカー視聴テストが掲載されていました。可能性を示すとはいえ、3000円のアンプに4万のUSBケーブルや25万のスピーカーを付けるのはどんなもんでしょうかね。

オーディオカテゴリの最新記事