「どのキャリアのiPhone 5s/5cを買うべきか!!」を読んで地方住居者の雑感

「どのキャリアのiPhone 5s/5cを買うべきか!!」を読んで地方住居者の雑感

たまにはBlogらしく、他Blogの記事を引用しつつ雑感など書いてみます。あくまで地方在住のauユーザーの雑感として。

参考にさせていただいた大変興味深い記事はこちら。

どのキャリアのiPhone 5s/5cを買うべきか!!電波の観点からまとめたので参考にして下さい | スマートフォン王国!!

はてなのホッテントリにもなっていたので、読まれた方も多いかと思います。「iPhone5s出たらどのキャリアがいいの?」って疑問にストレートに答えてくれています。

なお自分は過去にも書いたとおりauのiPhone5を使用しており、常々電波の悪さにイライラしている一人です。

docomo

さて、そんなauから抜け出したい自分にとって一番の候補となるのが今回台風の目となるdocomo。それについてはこう書かれています。

docomoの場合、1.8GHz帯と1.5GHz帯は混雑もそこまで無く、速度が結構出ます。が、iPhone 5s/5cは1.5GHz帯に非対応な為、速度を考えると1.8GHz帯で使いたいです。前述した様に1.8GHz帯は東京・名古屋・大阪でしか使えない ので、地方民は残った2GHz帯と800MHz帯で繋ぐしか無く、少々物足りないです。    
 

昔から北海道では「DoCoMo=繋がる」というイメージが根強い訳ですが、LTEの新世代通信となるとそうはならないのかもしれません(最悪3Gでもつながってくれれば電話には困らないでしょうけど) 混雑していて回り込み辛い2GHz帯と従来の800MHzしか使えないのは、都市部と山間部の両方に対応する必要のある札幌市民には辛い条件です。1.8GHzが札幌に拡大されたとしても、効果が出るのはSoftbank並に待たなければならないでしょう。

au

ある意味注目のau。

圧倒的な面の広さを誇る800MHz帯と最高速度を全国で体感出来る2GHz帯の二本柱のエースを抱えるau。順当に考えれば、どの会社よりも無難ですね。 一つ爆弾としては、LTEに切り替え過ぎた為に3Gが死んできていると言う事。800MHz帯のエリアが広いので、めったに3Gに落ちる事はないのですが、立地の関係上等で3Gしか入らなかった場合は死を覚悟した方がいいでしょう…。    
 

iPhone5sには輝かしい未来が開けているのかもしれませんが、残されたiPhone5ユーザには苦行以外の何物でもありません。事実、3Gにもならずau独特のになる場面が驚くほどあります。

SoftBank

iPhone5sにDoCoMo参入の話を聞くまでは、MNP先候補の筆頭でした。

900MHz帯→プラチナバンドなLTE。昨年ゲットした900MHz帯の3Gを切り替えていって、エリアを広げる作戦ですね。ただここは今から整備する部分もあるので、ちょっと未知数。ただ帯域幅的にそこまで速度は出ないでしょうし、そこまで大きなプラスにならないかも。    
 

こちらはプラチナバンドがもらいたての為まだ整備されていません。そのため他の記事でも「SoftBankが整うのは来年以降か?」なんて書かれたりしています。ただ、「接続率No.1」なんて躍起になってCMするより前にも、SoftBank3Gは札幌市内で良好な電波状況だった印象があります(速度はゴミみたいな物でしたが) もしプラチナバンドの不足を補って有り余る魅力的なプランが提供されたら、やっぱりこっちに転んでしまうかもしれません。

まとめ

以上、純粋に将来の展望だけをみると、このままauを続けてiPhone5sに機種変更するのが順当の様にも思えます。それでもソレをしたくないのは、auがiPhone5への対応を(ほぼ)放棄し、iPhone5sへの世代交代に丸投げしていまっている不信感があるから。


虚偽の内容でLTE対応を大きく唱い(参考:iPhone 5の4G LTE人口カバー率誤記、KDDIに消費者庁から措置命令 – ITmedia Mobile)、実際使えない事を公表してもなんの保証も無し(もちろん100%信用して買ったわけじゃないけど、天秤にかける際の材料になったのは事実)。そんな企業を信じて次の数年をかけるなんて怖くてできません。
元記事でも書かれていますが、auにはiPhone5ユーザーへの大きな保証、具体的には機種変への差額優待などをお願いしたい。そうでなければ「二度と使うかクソが!!」という最高の記憶と共に、他社へのMNPが起きるだけです。

2013/09/13 追記
昨日こんな事書いてたら、今日auから買い取りについてコメントと発表があったみたいですね。

速報:au版 iPhone 5s / 5c の料金プラン発表。タブレットとパケット共有、下取り価格も明らかに – Engadget Japanese


iPhone 4Sの下取りに加えて、iPhone 5の下取りも。石川専務「表示を間違ったこともあってかなり高い下取り価格を設定した」とコメント。昨年iPhoneに関して利用者に誤解を与えたため、下取りは市場価格よりも高い値付けとしています。

一応頭にはあったみたい。それでも64GBで28,000円だけかー。ちょい市場価格より高いってだけ。これにまた45,000円とか出してまだau続けようと思います??正直差額0でsに交換して欲しいくらいなんですよ。

雑記カテゴリの最新記事