Windows10はとりあえず食べてみてから考えようか。

Windows10はとりあえず食べてみてから考えようか。

今週Windows10のアップデート後についての記事が話題に上がっていました。

読んでみると自分がWindows10へようこそ!でも無償アップグレードしたPCは今後要注意 | 徒労日記で書いてたような事が肯定されていて、つまるところ

7月29日以降無償アップグレードしたPCのパーツを大変更するとOSが買い直しになる。

この大変更というのが意味不明で相変わらずマイクロソフトはその範囲を公開していないそうな。ただ過去のライセンス再認証から考えると「記憶メディア(システムHDD,SDD)の交換」「マザーボード、CPUを含む複数構成交換」がざっと範囲に入りそう。
大多数のメーカーPCには関係の無い話のため、困るのは自分のような少数PC自作派のみ。マザー、CPU、メモリのプラットフォーム乗り換えにOS代も必須となるとなかなか重たい話だなー。

ただアップグレードしたWindows7/8.1の権利が失効するわけではないので、その時は退化(Win7/8.1で使い続ける)するという選択もあります。その時にWindows10がユーザーにとって離れられない存在になっているかはマイクロソフトの課題、とも言えるでしょう。

無償アップグレードした人もこれからの人も。Windows 10 PCは構成変更に注意が必要 – PC Watch


一方、すでにWindows 10への無償アップグレードを済ませており、ハードウェア変更を行なって認証が外れたらどうするか。この場合、基本的にWindows 7/8.1からインストールし直すしかない。新しいハードウェアのもと、そのOSでライセンス認証を行なった上で、Windows 10へアップグレードする。Windows 10は無償アップグレード期間内は、Windows 7/8.1のプロダクトキーで直接インストールできるが、そのプロダクトキーが事前に新しいハードウェアで認証されている必要があるためだ。

今回の話は「カネを取られる!?嫌だ!」という事ではなく、マイクロソフトの盛大なお試しサービスと考えれば気が楽になるかも(かなぁ)

個人的にはWindows10にアップグレードするのは大賛成で、Windows7や8.1に固執する人に対して「テレビとか買い換えたらホイホイ使いはじめるくせに、Windowsには合わせる気ないのかよー。いつまでも粘るなよー。」とすら思ってます。

20160529-02

幸いにしてWin10にアップデート後のロールバックはうまくいくようなので、まずは食わず嫌いせずにまずはアップグレードしてみてはどうでしょうか。そうすれば以後そのPCはハードウェアを変えないかぎりWindows10へのアップグレードライセンス権を得ている事になります。

アップグレード後(再インストール時)のシガラミが残るとなると「あんまりPCリテラシーの高くない人に勧めると面倒そうだな」と自分ですら気圧されてくるのも確か。マイクロソフトとしてもいつまでもOSを無料で配る訳にもいきませんが、7/29以降に何らかのポリシーアップデートが起きる事を密かに期待しています。垣根が低い=違いが少ないってことは言い換えれば「Win10だった人でもWin7/8.1に戻ってもいいや、と思えてしまう」わけですから。

PCカテゴリの最新記事