UQ WiMAXとEMOBILE LTEはどっちがお得か考える

UQ WiMAXとEMOBILE LTEはどっちがお得か考える

昨日届いたTry WiMAXですが、速度はいまいちながらもそこそこ安定して繋がる事が分かりました。それなら本格的に導入も考えようではないか、というのが今の心境。でもまてよ。スピードの速そうなLTEってどうなん?と思った自分へのメモです。

ちなみに両方とも最大の割引を得るためには2年の固定契約が必要。でも自分は札幌帰ったら使わないかも。という事で、年内借りた場合、1年借りた場合、2年借りた場合で考えてみます。ちなみに双方とも開始月使用量無料というのがありますが、効果は開始日によるので省いてあります。

WiMAX

WiMAXに関して言えば、価格.comのキャンペーンサイトから申し込むのが一番安くすむようです。月額の支払いはどこも同じなんですが、キャッシュバックなどがありますので。
参考にしたのはDTI WiMAX モバイルプラン(定額2年プラン)【モバイルWi-Fiルーター】Aterm WM3600Rのプラン。家の回線の代わりにしたいので、クレードルで有線LAN化できるAtermがマストです。

使用期間(ヶ月)毎月支払い端末代金割引解約違約金総支払額月あたりの価格1日単価
年内7¥3,880¥0¥0¥9,800¥36,960¥5,280¥176
1年間13¥3,880¥0-¥16,500¥9,800¥43,740¥3,365¥112
2年間25¥3,880¥0-¥16,500¥0¥80,500¥3,220¥107

こう見ると、たとえ東京に要る間だけとはいえ、1年に満たずに=キャッシュバックを受け取らずに解約するのは悪手といえます。実際1年とかきながら13ヶ月間で計算しているのも規約に

キャンペーンが
適用されない場合

  • キャンペーン特典受領前の解約
  • 開通月から12か月以内に解約している場合

とあるためです。

解約違約金の事を含めずに、サイトでは「月額1932円~」と宣伝しているのが小狡いところ。それだけで毎月使えるなんて実際は書いて無くて、気分的にこんなキモチになれるよ、みたいなものんです。要は月3000円です

LTE

EMOBILE LTEには大きなキャッシュバックサイトは見つけられませんでした。なので公式の価格で比較します。

使用期間(ヶ月)毎月支払い端末代金割引解約違約金総支払額月あたりの価格1日単価
年内7¥3,880¥39,800-¥39,800¥31,200¥58,360¥8,337¥278
1年間13¥3,880¥39,800-¥39,800¥24,000¥74,440¥5,726¥191
2年間25¥3,880¥39,800-¥39,800¥0¥97,000¥3,880¥129

7ヶ月でやめた場合の月あたり支払いが8000円って・・・1年の5700円でも高いけどDoCoMo Xi にねんフラット並みといった所。がっちり2年(25ヶ月)使ってやっと宣伝の通り。

並べて考えてみると

月額費用でみると両者とも同じ3880円ですが、実際かかる費用を見てみるとかなりの差があります。

大きな差の理由の一つが端末価格の価値。
WiMAXは端末に価値(価格)が無いようで、いつ解約しても手数料的な9,800円がかかるのみ。対してLTEは残りの期間に応じて端末代39,800円から減額された違約金がかかります。そして25ヶ月使ってすぱっと切れた時だけぐっと月額が下がります。
もう一つの理由がキャンペーンの有無。LTEはまだかけだしのサービスなこともあり、あまり大々的な値引きはやっていないようです

後はお金によらないサービスの違いも結構あります。

WiMAX

  • 通信料制限(帯域制限)なし。
  • しかし速度不安定(平均速度はなんと3.5Mbps。どこいった40Mbps(‘A`)

LTE

  • ほぼ圏外が無くて速度安定。
  • 360MB/日で帯域制限あり。今後10GB/月で月末までのペナルティを課すと表明済み

端末については先に書いたとおりAtermWM3600Rが選べるのは自分の中でWiMAXのかなりのアドバンテージ。LTE勢には家庭でのブロードバンド回線になろうって考えは無いようです。だって家でもずっと使われると帯域がつらくて通信料制限にかかっちゃうから。

PCカテゴリの最新記事