TA2020とTPA1517NEをつなぎ替えながら聴き比べ

TA2020とTPA1517NEをつなぎ替えながら聴き比べ

100時間ほど通電してTPA1517もそろそろコンデンサも慣れてきた頃。今メインで使ってるTripathのTA2020とTPA1517NE、どっちがいいか聴き比べしました。

ソースはいつもの(アンプ3種類を聴き比べ | 徒労日記)+Diana KrallのBestよりFly me to the moon(Live)。あとはその他いつも聴いてる物を何種か。音源はiTunes+自作PCM2702 DAC。

中低域のTA2020

Diana Krallやnoonなどの女性Vo.(ハスキーな方)が豊に鳴るのはこちら。低域も太くパワーを感じます。チェロのつま弾くような音もこっちがいいかな。高音は伸びない、というかある周波数から右肩下がりに落ちてる感じ。
AMtoPMに入ってるBosque Inmensoの冒頭、ハンドクラップは「ペェン、ペェン」という鳴り方

高音もちゃんとでるTPA1517

ヴァイオリンやパーカスのハイハットなどが綺麗になるのは断然TPA1517NE。これは明確な差。ただ高域に寄る?のか中域が物足りなく感じます。ボリュームを幾ら上げてもあまりどっしり感がありません。
同じくBosque Inmensoのハンドクラップは「パァーン、パァーン」と残響を含めて鳴ります。

どちらがいい?

女性Vo.やメタルなどに限って言えばTPA2020のいいと思いますが、高音もちゃんと出てバランス良く鳴るTPA1517NEが気に入りました。自分の聴くジャンルにはちょっと物足りない時もあるけど。高音が出ると「こんな音が入ってたのか」という驚きと悦びがありますしね。今週末、アンプをばらして基板をTA2020から入れ替えてみたいと思います。
もう一つの理由として、電源ON時のPOP音がほとんどなくスピーカーに優しいのもポイント。

4000円以下で作れるのに、すごいな。TPA1517NE。

※「TPA1517NEが最高」と言ってるワケではないのであしからず。有る一定の価格、消費電力、使い勝手など許容範囲に置いて優れたパフォーマンスがある、って事です。マークレビンソンとかと比べてるワケじゃあない。

オーディオカテゴリの最新記事