フリスクサイズのUSB接続リモコンキット

フリスクサイズのUSB接続リモコンキット

パソコンで赤外線リモコンを操作。これを安く試せるキットを作ってみました。

以前ツイートでもつぶやいていた

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/guys_dolls/status/186025724757544960″]

株式会社 ビット・トレード・ワンが製造、秋葉原の三月兎などで売っている、USB接続 赤外線リモコンキットです。ここはPCとつなぐ自作周辺機器キットを作っている会社みたいですね。工作が要らない完成済み品も売ってます。

こんなキット

こんな感じで売られてました。組み立てキットは1680円。完成品は2480円。一緒に300円で投げ売りされてたPS3のオフィシャルUSB-MiniUSBケーブルも購入。悲しいのぅw

部品は10点ちょっとなので30分もせずに完成。
中央の黒いPIC(PIC18F14K50)にコードが書かれており、PCとつなぐことで赤外線コードの学習&受信&送信ができます。PICって学生の頃を思い出すけど、今はUSB直結ポート仕様とかあるのね。時代は変わった・・・

赤いスイッチで通常Bootとファーム書き換えBootを切り替える形。

作例に従い、フリスクのケースに入れました。ドリルも持ってきてないし、ニッパーで切れるこれくらいが加工しやすくていい。ものすごーく甘い匂いがするけどね。

使ってみる

PCに接続したら、追加ドライバ無しで認識。
あとはメーカーのページ(株式会社 ビット・トレード・ワン | USB接続 赤外線リモコンキット)から送信ツールをダウンロードして適当な場所に入れるだけ。

標準一番の目的は「エアコンの操作」だったんですが、今見たらフォーラムに

現在、送信/受信の最大サイズは6バイトまでとなっております。

エアコンにつきましては、一部のエアコンでの動作は確認いたしましたが、
殆どのエアコンリモコンで使用不可となっております。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

って書いてあるじゃん_ノ乙(、ン、)_

という訳で、今はとりあえずiPhoneスピーカー(新しいiPhoneスピーカー – Pionner NAC1 | 徒労日記)のリモコンと化してます。

こんな感じ。部屋は狭いからリモコンも手を伸ばせば届くんですけどね。マウスから手を離さずに音量調節できたり、全部の電源を切れたりして便利。

あとはマウス操作じゃなくてWebベースから操作できると面白いと思うんだけど・・・なんにせよお安いので、他にAV機器など一杯持っている人には遊べるガジェットだと思います。

エアコンも操作したい、という人は2万5千円のiRemoconをどうぞ。

PCカテゴリの最新記事