自分でiPhone4のホームボタンを交換したら結構大事になったはなし。

自分でiPhone4のホームボタンを交換したら結構大事になったはなし。

使い始めてまもなく満二年を迎えるiPhone4を自分で修理しました。信頼性第一でアップル – Genius Barへ行くか、とにかく安くで自分でやるか、その参考にしてください。

[warning]自分でiPhoneを分解する事で、メーカーサポートなど一切のサービスを受ける権利が失効します。作業を行う前に、自己責任である事を理解してください。また、参照して起きた如何なる損失、損害が起きても当サイト並びにリンク掲載先サイトは責任を負うことはいたしません。
[/warning]

修理の動機は2つ

  • バッテリーの保ちが悪すぎる
  • ホームボタン

どちらもiPhone4の宿命といいますか、経年劣化です。

バッテリーはSIP(050 PLUSで躊躇していた人に朗報。月額無料のFUSION IP-Phone SMART | 徒労日記)を入れている事もあり、朝フル充電したにもかかわらず昼過ぎには残り20%になります。
ホームボタンは効かないほどでは無いにせよ、ホームボタンの2回押し(タスク切り替え)が大抵の場合失敗してホーム画面に戻されます。デコピンしたら直るとか、電源OFF画面で長押しすると直るとか有りましたがあれはプラセボでしょう。

せっかく東京に居るのだし、ジャンルは違えども本職の腕が鳴るぜ!って事で自分でやる事にしました。

バッテリーと工具

秋葉原の三月兎にて怪しい中国製の「iPhone4 互換バッテリー」が\1,280。分解用の星型ドライバーやヘラがセットになった工具セットが\1050でした。S/MARTで売ってた純正バッテリーは\2,680なり。

ホームボタン

秋葉原のS/MARTにて\1,380で購入。買った後で三月兎に行ったら在庫復活していて\528でした。オウシット。

やってみようと思うその前に!

色々な方が写真を掲載されている中で、一番参考になるのはApple製品をいち早く分解する事で有名なFixitのiPhone4ホームボタン交換ページ

Installing iPhone 4 Home Button – iFixit

面倒がらずにネジのひとつひとつについて解説してるので安心です。自分がこのサイトを見つけたのはトラブルの後であり、それが今でも悔やまれます(後述)。

ホームボタンを自分で換えてみたい、と思った方は一度Step33まで全部見てみる事をオススメします。ご覧のように、ホームボタンが外れるのは、ほぼすべてのパーツをバラしたその最後です。
メガネ用よりも小さなネジをいくつも外し、フロントガラスにヘラを差し入れてパキパキと剥がした後に外れるのです。自称不器用な人とiPhoneが壊れるのが怖い方は素直にジーニアスバーに行きましょう。

分解開始

Fixitを参考に作業を開始。説明文の英語は読めなくてもまず大丈夫。ネジのサイズが図中に色分けして区別されているので参考にできます。

写真は右が純正左が今回の互換品。よくコピーしてますがやっぱり粗悪さが漂います。ただ今のところ使用に問題はなく、古いバッテリーよりちゃんと長く保ってくれます。
取り外しは裏蓋を外せばすぐなのでバッテリー交換だけならほぼ安全にできそう。持ち上げるため半透明のリフィルはこれだけ引っ張っても破けて終わります。隙間だけ作ったら工具のレバーを差し込み、裏の接着を少しずつ力をかけて剥がします。

ドックコネクタ(本体下部)へのFPCが両面テープで貼り付けられています。これを手で引っ張って剥がすと反ってしまい戻した後の収まりが悪くなります。工具セットのピックなどを差し入れて、丁寧に剥がします。

バイブレーションユニットを外した際、ヘッドフォンジャックに巻かれたテープが剥がれていないか確認。これが剥がれると動作時に怪音が出そうです。

Step 13のコネクタ抑えのカバーはネジ以外にもバッテリー側にツメで引っかかっています。最初は外れづらいので無理して変形させないよう注意が必要。

ここだけネジの中にネジ穴という特殊なネジを使っています。小型の-ドライバかなければヘラの先で緩めます。

メイン基板を外した所で最大の難関であるフロントガラスの取り外し。最初はとにかく固いですが、カメラユニットのウラ側の四角い穴から強く押してあげるとメタルフレームとの間に隙間ができます。そこにヘラやピックをどうにか差し込み、あとはゆっくり周りを剥がします。ホームボタン周りは粘着が強いので注意。

Step 31 — Home ButtonのFPCを止めるコネクタは反対側にロック有り。無理して引き抜かず、上に跳ね上げるよう力をかけるとリリースされます。ホームボタンユニットは両面テープでボタンパーツに張り付いてるので、剥がして貼り替えます。フィーリングに関わるので貼り付け位置は慎重に。

これが今回の失敗ポイント。
フロントガラスを戻した直後、いざコネクタを付けようとおもったら左側のコネクタが全然届きません。本当は両方ともドライバーの位置まで伸びるのが正しい組み立て。ケーブルがフレームとフロントガラスの間に折れて挟まってました。クセでそうなりやすいっぽいので注意しましょう。

これが皆既日食ということか。

サイトを見ながら3時間ほどで元の形へ。
ドキドキしながら電源を入れると無事起動。やった!
その喜びもつかの間、起動したiPhoneの画面を見て凍りつきました。

なん…だと?

本職だとか大口叩いておきながら、液晶画面を割ってしまいました。目を疑いましたが、まごう事なき現実の様です。画面と一緒に自信にもヒビが入って何かが滲んできたよママン。
考えられる原因としては

  • FPCが挟まってパネルに力がかかったて割れた?
  • フロントガラスを剥がすときに応力で割れた?
  • フロントガラス固定ネジを締める時に力かけすぎ?

状況的にどれもあやしい・・・。

泣く泣く部品を探しはじめたところ、幸いパーツは安く出まわっていました。フロントガラス(デジタイザ+液晶パネルのセット)がAmazonで\3,200。1万円↑コースか?と諦めていたのでホッと胸をなで下ろしました。

最後に

今思い返すと、フロントガラス固定穴が微妙にずれてネジが締めづらかった気がしないでもない。もしかしてFPCのせい・・・?iPhone(とうより携帯電話)は恐ろしく部品密度が高い為、PCとは比べ物にならないくらい高精度で加工されています。なので、部品が浮く、ネジが合わないなどの時は何かが間違っている事がほとんど。無理せず、焦らず前に戻りましょう。それが今回得た教訓でもあります。

修理にかかった合計は合計\6,910。
結局バッテリー、ホームボタン、デジタイザに液晶パネルと結構な部品を交換してしまいました。裸でiPhone落とした時のガリ傷も消えたからいいよね、と自分を慰めてます。

iPhone4/4S用 メンテナンスツールキット「iPhone Tools」 iPhone4/4S用 メンテナンスツールキット「iPhone Tools」./
売り上げランキング : 40929

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Apple アップル iPhone4専用 ホームボタンケーブル リペアパーツ-546104 Apple アップル iPhone4専用 ホームボタンケーブル リペアパーツ-546104OEM
売り上げランキング : 157

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Apple アップル iPhone4用 高品質 交換バッテリー工具付-546869 Apple アップル iPhone4用 高品質 交換バッテリー工具付-546869OEM
売り上げランキング : 1782

Amazonで詳しく見る by G-Tools

iPhone 4 タッチパネル(フロントガラスデジタイザ) 液晶パネルセット iPhone 4 タッチパネル(フロントガラスデジタイザ) 液晶パネルセットデジタルショップ ボーラ
売り上げランキング : 1427

Amazonで詳しく見る by G-Tools

※ここでお世話になった(なって大丈夫だった)のは液晶パネルのみです。バッテリーなんかはどこのショップのも品質は怪しい感じ。参考掲載です。にしてもホームボタン笑ってしまうほど安い。Amazonで買えば良かった_| ̄|●

iPhoneカテゴリの最新記事